米国に資産没収された私が導き出す2025年の「もしトラ」

皆さんは「もしトラ」という言葉をご存じだろうか。これは2024年アメリカ大統領選で「もしもトランプが勝利したら」の略である。「ドナルド・トランプ勝利」は日増しに現実味を帯びていて、「もしトラ」はSNSでホットな話題の1つだ。日本保守層には「トランプファン」が多いということで、アメリカに銀行事資産没収された私が「もしトラ」を行ってみたが…。
猫組長 2024.02.03
サポートメンバー限定

もしもトランプが大統領になったら…

ここまで松本人志氏レイプ・パーティー問題を以下のように報じてきた。

今回からは予告通り「猫組長POST」の基本路線に戻そう。

2024年11月にはアメリカ大統領選が行われる予定だ。現職の民主党・バイデン大統領は再出馬するので、共和党では大統領候補者を選ぶ予備選を行う。

並み居る共和という候補を退け、とにかく強いのが前大統領のドナルド・トランプ氏だ。

アメリカ国内ではバイデン氏の支持離れが起き、日増しに「トランプ勝利」が現実味を帯びている。SNSではトランプ氏が勝利したあとの世界をシミュレートする「もしトラ」がホットな話題だ。

ただしトランプ氏にはいくつかの容疑で捜査が行われていて、すでに量刑は最大禁固700年にも及ぶ。そしてトランプ陣営は「ウルトラC」を考えていると聞いた。

トランプ氏はウクライナの停戦実施を公約に掲げている。ロシアのプーチン大統領とは近い関係とされており、その可能性は高いだろう。台湾侵攻の野望をまったく棄てていない中国を前に、日米同盟は日本の生命線とも言える。トランプ氏大統領再選は他人事どころか私たちの生活に直接的に莫大な影響を与える深刻な問題なのだ。そこで石油ビジネスで儲けた資産を銀行ごと没収された私も「もしトラ」に挑んでみよう。

日本の保守層には一定数の「トランプファン」がいる。「もしトラ」で期待を寄せるのもそうした人たちだが、はたしてそれは皮算用か――オリジナルの図版を使って解説する。

136年の罪で起訴された大統領候補

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、5026文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
【緊急告知】添田詩織陣営が工作員に切り取り作戦指令が出された「猫組長チ...
サポートメンバー限定
添田詩織が元ヤクザの選挙協力を「事実無根」と断言、私への名誉毀損を止め...
サポートメンバー限定
「元ヤクザ」に選挙協力を依頼し議員になった添田詩織せんせーに「気持ち悪...
サポートメンバー限定
裏金問題で安倍派幹部に離党勧告 岸田政権の「失策」と「嘘」
サポートメンバー限定
英国の研究データが示した「国益型移民」と「不利益型移民」の素性
サポートメンバー限定
移民・難民は本当に得か損か 自称・クルド人難民問題を社会コストから徹底...
サポートメンバー限定
衆院2補選で与野党総崩れで日本保守党の躍進か 飯山陽氏と無策の女王・...
サポートメンバー限定
岸田「移民政策」の裏にある「自民とカネ」のただれた関係