緊急配信 地下社会が伝える松本人志「レイプパーティー報道」の裏側

2024年1月1日に発生した能登地震に際し、心よりお見舞い申し上げます。被害甚大の趣、報道により拝承致しました。 憂慮申し上げております。 損害の軽微と一日にも早い復旧をお祈り致します。
有料読者の皆さまには大変お世話になりました。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。今回は能登地震に関連する政治トピックと、タイトルの芸能トピックの2つを合わせてお送りしよう。
猫組長 2024.01.02
サポートメンバー限定

松本人志「レイプパーティー」の真実とは…

昨年1年間、有料読者の皆さまには大変お世話になりました。皆さんの声があって、続けることができています。「木原誠二氏の事件」や「自民裏金問題」ではいち早くホットなトピックを届けることができました。

これも読者の皆さまあってのこと。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

未曾有の災害が政治家を助けるパターンは多い。今回の能登地震も「自民裏金問題」の核心関係者の1人、森喜朗氏と、年明け早々に政治資金パーティー開催を予定していた石川県知事、馳浩氏は胸をなで下ろしているのではないか。

今回はこのことから書き始めて行きたい。

昨年の今頃はちょうど仁藤夢乃氏と仁藤氏が率いるColaboが、表現の自由を侵害している実態を書いていた。憲法が認める自由を蹂躙するのは「暴力」ということで、私は仁藤氏や率いるColaboを「亜種暴力団」と名付ける。

「亜種暴力団」が表現の自由侵害に利用するのが「名誉毀損訴訟」だ。日本の名誉毀損請求訴訟は訴えられた側に立証責任がある。ということで、起こし放題の起こしたもの勝ちという状況が長く続いていた。

この構造を「カンパ金」によって打開したのが暇空茜さんである。「亜種暴力団」による名誉毀損訴訟の暴力的利用に問題を投げかけた一件は、現在でも継続中だ。

今年初めのトピックも「名誉毀損」になる。テーマはダウンタウン、松本人志氏の「レイプパーティー報道」だ

芸能と地下社会の距離が近いことは、言うまでもない。新聞・テレビが動いていない年末年始にあって、地下社会ではこの話で持ちきりの状況だ。

私の元に届いた最新の独自情報を元に、本件の背景と予想される顛末をいち早くお伝えしよう。

まずは石川県の一件からはじめて行きたい。

コロナ給付金不正受給の旅館で政治金パーティーを開催予定だった

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、4574文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
つばさの党事件でも暗躍-窮すれば右翼にも泣きつくれいわ真理教・山本太郎...
サポートメンバー限定
妹は元有名AV女優、経営飲食店の破廉恥ショー&爆音異臭騒動、ジョイント...
サポートメンバー限定
4月28日補選分析 日本保守党・飯山あかり氏が想定超えの大善戦だったと...
サポートメンバー限定
添田詩織に対する損害賠償請求事件の訴状を公開
サポートメンバー限定
現職自民党町議が元反社を使って私の「添田詩織シリーズ」執筆に圧力をかけ...
サポートメンバー限定
【緊急告知】添田詩織陣営が工作員に切り取り作戦指令が出された「猫組長チ...
サポートメンバー限定
添田詩織が元ヤクザの選挙協力を「事実無根」と断言、私への名誉毀損を止め...
サポートメンバー限定
「元ヤクザ」に選挙協力を依頼し議員になった添田詩織せんせーに「気持ち悪...