松本人志レイプパーティー報道被害者「A子さん」の素性から導き出す「文春VS吉本」勝利の皮算用

年始で表のメディアが活動できないのを横目に、独自情報を発信し続ける「地下社会通信」。被害者である「A子さん」の素性が捲れたことで、ギア一気に上げて「全面戦争」を選んだ吉本。対する文春も「第二のジャニーズ」を狙って引く気配はない。両者が思い描く「勝利の皮算用」とは――。
猫組長 2024.01.05
サポートメンバー限定

前回の『緊急配信 地下社会が伝える松本人志「レイプパーティー報道」の裏側』に続いて、今回もこの問題を解説する。トピックが下世話な時の「地下社会通信」の取材力は驚異的だ。日々、情報をアップデートしている。

吉本側はついに「被害者」を名乗った「A子さん」の素性を把握。そのことでギアを一気に上げて週刊文春と、相乗り報道をした東京スポーツを訴える見込みだ。

対する文春も引く気配がない。『ジャニーズ性犯罪「認定」問題にある「マネーの外圧」』で解説したが、「第二のジャニーズ事件」と同様の展開になると確信しているからだ。その戦略を支えるのは「資本の国際化」で、すでに影響が出てきている。「大阪万博」が急展開の起爆剤になる可能性は高い

双方が「勝利」を目指して一歩も引かない構造の中、一番先に「アウトー」なることが確定したのがスピードワゴンの小沢一敬氏である。お世辞にも面白いとは言えない小沢氏は、大物に女性を提供する「女衒業」によってお笑い業界を遊泳してきた。

小者(こじゃ)ゆえに切られるのは一番先だが、起死回生を図るべくせっせとA子さんの情報を提供して小者っぷりをいかんなく発揮した。とはいえ小沢氏の「アウトー」は変わらない模様である。

まずは「被害者」であるA子さんの素性を明らかにするところからはじめていこう。

小沢の誕生会は「闇」

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3833文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
【緊急告知】添田詩織陣営が工作員に切り取り作戦指令が出された「猫組長チ...
サポートメンバー限定
添田詩織が元ヤクザの選挙協力を「事実無根」と断言、私への名誉毀損を止め...
サポートメンバー限定
「元ヤクザ」に選挙協力を依頼し議員になった添田詩織せんせーに「気持ち悪...
サポートメンバー限定
裏金問題で安倍派幹部に離党勧告 岸田政権の「失策」と「嘘」
サポートメンバー限定
英国の研究データが示した「国益型移民」と「不利益型移民」の素性
サポートメンバー限定
移民・難民は本当に得か損か 自称・クルド人難民問題を社会コストから徹底...
サポートメンバー限定
衆院2補選で与野党総崩れで日本保守党の躍進か 飯山陽氏と無策の女王・...
サポートメンバー限定
岸田「移民政策」の裏にある「自民とカネ」のただれた関係