高市早苗に託された「安倍外交・安全保障」の正体

ペロシ訪台で明らかになったように、日本の安全保障体制構築は待ったなしの状況である。憲法9条で制約された状態で行える最善の策が、安倍元総理が構築した「経済安全保障体制」のさらなる上積みだ。その正体をふんだんな図解で整理しながら、高市氏に託された高難度ミッションの正体を解き明かす。
猫組長 2022.08.14
サポートメンバー限定

希代のポンコツによるリレー

前回の『ポンコツ外相の内閣残留が示した「安倍外交の継承」』では、多くの有権者が不安視する林芳正氏の外務大臣留任の意味について解説した。安倍政権と岸田政権では「政策決定」のプロセスが違うということだ。

BSフジ「プライムニュース」は時事にマッチした良質なゲストを呼び、反町理氏が鋭く切り込む数少ないお気に入り番組の一つだ。ところが2022年8月22日は『台湾と中国、ロシアの天然ガス、徴用工問題』という重要なテーマにもかかわらず『林外相・岡田元外相に問う』とされていたことに衝撃を覚えた。

実は岡田克也氏は民主党内で「オカジョンイルさま」と陰口をたたかれていたのだ。前後半にわけて「記憶に残らないポンコツ」岡田氏から「希代のポンコツ」林氏へのリレーを敢行した背景に、「北朝鮮に対するコロナ支援を訴えた林氏と、『オカジョンイル』をかけたのでは…」とうがった見方をしたのは私だけだろうか。

だが、ここは慰安婦像の前で土下座をした鳩山由紀夫氏をぶつけるべきだ。「朝鮮半島友愛コンビ」結成を大々的に宣伝した方が、ある意味で時流にマッチした企画だったはずだ。「プライムニュース」ファンの一人として、企画書を送り付けようと思ったしだいである。

さて、ポンコツの話はここまでにして本題に戻ろう。安倍元総理の政治家としての真骨頂が「外交・安全保障」であることを認識している人は多い。一方で、例えば『「安倍晋三元総理」銃撃で分かった功績と存在感』で解説した「FOIP(ホイップ)」のように、その「外交・安全保障」を構造的に理解している人は少ない。

「安倍外交・安全保障」の深層を紐解くと、内閣のある人物が外交のキーになることが導き出せる。その人物こそ、高市早苗氏だ。ただし高市氏に期待されるミッションの難易度は極めて高い。

官邸HPより

官邸HPより

今回はふんだんな図版を用いて、それらを解説していこう。

安倍元総理の外交・安全保障構造の正体

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、2948文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
つばさの党事件でも暗躍-窮すれば右翼にも泣きつくれいわ真理教・山本太郎...
サポートメンバー限定
妹は元有名AV女優、経営飲食店の破廉恥ショー&爆音異臭騒動、ジョイント...
サポートメンバー限定
4月28日補選分析 日本保守党・飯山あかり氏が想定超えの大善戦だったと...
サポートメンバー限定
添田詩織に対する損害賠償請求事件の訴状を公開
サポートメンバー限定
現職自民党町議が元反社を使って私の「添田詩織シリーズ」執筆に圧力をかけ...
サポートメンバー限定
【緊急告知】添田詩織陣営が工作員に切り取り作戦指令が出された「猫組長チ...
サポートメンバー限定
添田詩織が元ヤクザの選挙協力を「事実無根」と断言、私への名誉毀損を止め...
サポートメンバー限定
「元ヤクザ」に選挙協力を依頼し議員になった添田詩織せんせーに「気持ち悪...