ポンコツ外相の内閣残留が示した「安倍外交の継承」

岸田文雄総理が改造内閣を発表した。中国が台湾海峡周辺を「封鎖」の事態にあって、林芳正外務大臣の残留が不安を与えている。一方で岸田総理は高市早苗氏を経済安全保障担当大臣として登用した。ここから導き出せるのは、安倍元総理が作った外交戦略実現の意図だ。そこで今回は図版を使いながら岸田政権の「外交・安全保障」の正体について解説する。
猫組長 2022.08.10
有料限定

ポンコツ外相留任の衝撃

前回の『岸田改造内閣の「新原子力政策」とは』では、岸田政権が行う3つの「安全保障」を指摘しながら、エネルギー安全保障政策の方向性を導き出した。

2022年8月10日に岸田総理は予定通りに改造内閣を発表。事前報道から驚きを与えたのが、あの林外務大臣の留任である。

首相官邸HPより
首相官邸HPより

林氏は、『ロシア発「世界再編」が生みだすヤバすぎる価値観の正体』、『バイデン大統領訪日の裏にある韓国のえげつない外交戦術の正体』などでもその愚策ぶりを取り上げられる「猫組長POST」の「disられレギュラー」だ。

首相官邸HPより
首相官邸HPより

いくら「元経済ヤクザ」とはいえ「外交」までわかるはずがないという読者の方もいるかもしれない。そこで思い出して欲しいのが、『ロシアン・マフィア「黒い軍事支援」を知る私が評価』で書いた闇社会と戦争との関与だ。アメリカも日本も含めて正規の軍にはできない「汚れ仕事」を「暗黒街」に依頼するのは、どこの国でも同様だ。そのことは歴史が明らかにしている。

それゆえ中ロ+南北朝鮮半島の国が日本に一方的な要求、クレームいれる度に私のところにも、外交・安全保障関連の情報が自然と入ってくるのだ。そうした裏と表の情報を統合して分析すると悪手にしかみえない林氏の留任こそが、岸田政権が安倍元総理の外交を継続する意思に見える。

首相官邸HPより
首相官邸HPより

そこで今回は岸田政権の外交・安全保障戦略を紐解いていきたい。その後の回で「安倍外交」の正体を図解しつつ、高市氏が経済安保相になった意味に迫っていく予定だ。

安倍元総理と相思相愛だった台湾に非礼を働き、韓国にナメ切られ…

この記事は有料読者限定です

続きは、3200文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

アメリカの中国気球撃墜とLGBTが突きつけた「情報暴力」の脅威
有料限定
月末特別配信 2022年12月総合版 フェミナチ・仁藤夢乃の憂鬱
誰でも
「仁藤夢乃批判」で暇空茜さんと室井佑月氏を分けたもの
有料限定
フェミナチ、SDGs、再エネ、暗号資産…「亜種暴力団」の資金源「カルト...
有料限定
暇空茜さんVS「亜種暴力団」に急展開 文化破壊者の末路を極道史から読む...
有料限定
暇空茜さんが戦う「公金チュウチュウトレイン」が運ぶ「アカい羽根」が示し...
有料限定
暇空茜さんの戦いは「公金チュウチュウトレイン」へと拡大
有料限定
「1・4事変」でColaboの主張に見えた「暴力団交渉術」の正体
有料限定