中国の列島侵略に対する「ポンコツ外相」の抑止力は「ゼロ」

2022年9月27日に行われた安倍元総理の国葬が無事終了。中国による尖閣侵略リスクが露呈したことは解説したが、再認識されたのが「林芳正」が歴史上稀に見るポンコツ外相だったという「当たり前の事実」だった。リアルタイムで日本列島に迫る危機を併せて合理的思考を積み上げると、意外にも「ポンコツ外相」をきっかけにした「政局」が見えてくるのだが――。
猫組長 2022.10.02
有料限定

日本列島への侵略リスクを高める「外因」と「内因」

前回の『9・27追悼 安倍晋三は死してなお日本の領土・領海を守っている』では、キャベツ戦略・サラミ戦術を連動させて海域全体を無血で実行支配する中国の手口を解説した。

2022年9月30日、ロシアのウラジミール・プーチン大統領は、ウクライナ4州のロシア併合を宣言した。住民投票から併合への流れは2014年のクリミア危機と同じだ。『アメリカの武器供与中止で読み解けるプーチン「核使用」のレッドラインと終戦の形』で書いたように、自国領への攻撃はロシアにとって核使用のトリガーになる。

もちろん一方的に侵略されたウクライナ側も支援する西側も、領土奪還から手を引く兆候は見られていない。ロシアによる核使用も含めて「ウクライナ戦争」について書こうか迷ったが、それは次回以降で分析したい。

今回は、「壺」と「国葬」への批判に明け暮れる日本国内ではまったく話題になっていない日本列島に迫っているリアルな危機について解説していこう。

危機は大きく2つある。1つは繰り返し解説してきた中国という「外因」、もう1つが「林芳正」という希代のポンコツ外相という「内因」だ。同時に野党が「国益」を考えていないことも露呈したが、「政局」は、意外にもポンコツ外相がきっかけになるかもしれない……。

林芳正氏公式Facebookアカウントより
林芳正氏公式Facebookアカウントより

まずは外因から整理していこう。

2022年4月22日、中国はソロモン諸島と安全保障条約を締結したことを発表した。日本ではほとんど話題になっていないが、このことは日本列島に強大な脅威となっている。

「暴力支配」を「経済支配」に応用

この記事は有料読者限定です

続きは、4038文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

アメリカの中国気球撃墜とLGBTが突きつけた「情報暴力」の脅威
有料限定
月末特別配信 2022年12月総合版 フェミナチ・仁藤夢乃の憂鬱
誰でも
「仁藤夢乃批判」で暇空茜さんと室井佑月氏を分けたもの
有料限定
フェミナチ、SDGs、再エネ、暗号資産…「亜種暴力団」の資金源「カルト...
有料限定
暇空茜さんVS「亜種暴力団」に急展開 文化破壊者の末路を極道史から読む...
有料限定
暇空茜さんが戦う「公金チュウチュウトレイン」が運ぶ「アカい羽根」が示し...
有料限定
暇空茜さんの戦いは「公金チュウチュウトレイン」へと拡大
有料限定
「1・4事変」でColaboの主張に見えた「暴力団交渉術」の正体
有料限定