アメリカの武器供与中止で読み解けるプーチン「核使用」のレッドラインと終戦の形

2022年5月30日、アメリカは迷いに迷った結果、これまでよりはるかに最長距離で攻撃が行える兵器をウクライナに供給の内定を一転して中止した。現在の状況を一変させる可能性を持った兵器だが、この兵器供給への逡巡から、今回の「戦争の行方」を導き出すことができる。プーチン大統領は「核のジェノサイド」に、どこで踏み切るのかも見えてくるのだ。
猫組長 2022.06.12
サポートメンバー限定

「嘘つきイワン」と「正直者の西側」の構図崩壊

2022年6月9日、ロシアのプーチン大統領はウクライナ新興について、ピョートル大帝時代の領土を「取り戻し強化することは、われわれの責務だ」と強調した。2022年5月21日配信の『プーチンの野望によって人類は「核隷属時代」に突入した』で、すでに書いたことだ。皆さんに提供している「プーチン分析」は、正しいと評価できる。

大ヒット『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ「日台旗」の裏にある「地政学」的理由』で地政学についての解説を行った。「戦争リスク」の言い換えになっている「地政学」について、理解ができたと思う。その上で前回の『現在もスターリン「虐殺」の鎖に縛られ続けるウクライナ』ではロシアがクリミアに侵攻した地政学的、歴史的理由を整理したが……

ウクライナ人としては、これ以上、ロシアからの蹂躙を繰り返したくはない。訳知り顔のコメンテーターは「外交的解決」を繰り返すが、「徹底抗戦」の裏側には「歴史」があったということだ。そこで今回は予告通り、今回はようやく見えてきたウクライナ戦争の行方を導きだす。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、5159文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
ドナルド・トランプ暗殺未遂 一発の銃弾が起こした「暴力の世界再編」
サポートメンバー限定
「ソヴィエト蓮舫崩壊」が示す「安倍元総理の悲願」を軸にした政界再編の可...
サポートメンバー限定
日本にとって都知事選よりイラン大統領選が重要なこれだけの理由
サポートメンバー限定
「都民セカンド」VS「都民ファシスト」の都知事選が示す政界の近未来
サポートメンバー限定
【元国際指名手配犯が解説】上川・岸田が「靖国陵辱中国人」をわざと逃がし...
サポートメンバー限定
小池百合子、蓮舫、今井絵理子が実証した「政治とはバカを騙すゲーム」
サポートメンバー限定
独自入手 ミスチル事務所のイノセントとはほど遠い「ウラ帳簿と不正蓄財ス...
サポートメンバー限定
つばさの党事件でも暗躍-窮すれば右翼にも泣きつくれいわ真理教・山本太郎...