9・27追悼 安倍晋三は死してなお日本の領土・領海を守っている

2022年9月27日の国葬に際して、改めて安倍元総理のご冥福をお祈り申し上げます。この秋に習近平国家主席の3期目就任は確実な流れだ。拡大、覇権主義を隠さない中国から列島が侵略される危機はますます高まっている。2012年に総理に返り咲いた安倍元総理が最初に指示したのは日本の領土・領海を守ることだった――。
猫組長 2022.09.27
サポートメンバー限定

民主党政権の「無限」無責任

前回の『9・27国葬でわかった中国「尖閣侵略」のヤバすぎるリスク』では日本列島南方方面に迫っている「危機」について書いた。今回は予告通りに尖閣諸島に迫っている危機について、オリジナルの図版を用いながら解説する。冒頭で、多くの人が気分を害する写真が掲載されることをご理解いただきたい。

そもそも尖閣諸島の危機は、民主党政権が招いたことだ。『米英豪が尊敬した安倍元総理 殺害を招いたメディアの下衆量産構造』で解説したが、2010年9月に尖閣諸島中国漁船衝突事件が発生。未曾有の事態に対応しようと緊急に艦船を移動させた海上自衛隊をトップダウンで抑止したのが、当時、官房長官だった仙谷由人氏だ。

1歩譲れば、10歩踏み込んでくるのが中国のやり方だ。これ以降、尖閣諸島への侵略は杞憂からリアルになってしまったのである

2022年9月24日に、あの鳩山由紀夫氏が韓国での講演で日韓関係ついて、「日本が無限責任の姿勢持てば問題解決」と発言したことが報じられた。

鳩山由紀夫公式HPより

鳩山由紀夫公式HPより

だが日本の領土・領海を危機にさらした民主党政権、そして立憲民主党の無責任は「無限」のまま今日に至っている。その「無限」の無責任に対応したのが安倍元総理だった。2012年に総理に返り咲いくやいなや防衛省担当者に、こう指示した。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、2932文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
ドナルド・トランプ暗殺未遂 一発の銃弾が起こした「暴力の世界再編」
サポートメンバー限定
「ソヴィエト蓮舫崩壊」が示す「安倍元総理の悲願」を軸にした政界再編の可...
サポートメンバー限定
日本にとって都知事選よりイラン大統領選が重要なこれだけの理由
サポートメンバー限定
「都民セカンド」VS「都民ファシスト」の都知事選が示す政界の近未来
サポートメンバー限定
【元国際指名手配犯が解説】上川・岸田が「靖国陵辱中国人」をわざと逃がし...
サポートメンバー限定
小池百合子、蓮舫、今井絵理子が実証した「政治とはバカを騙すゲーム」
サポートメンバー限定
独自入手 ミスチル事務所のイノセントとはほど遠い「ウラ帳簿と不正蓄財ス...
サポートメンバー限定
つばさの党事件でも暗躍-窮すれば右翼にも泣きつくれいわ真理教・山本太郎...