黒いグリーン屋・秋本真利 事件の焦点は元警視総監の実妹、62歳愛人への「上級忖度」

「反原発&再エネ」というカルト政策を推進。「グリーン」を隠れみのにドス黒い手口で私腹を肥やし続けたのが元自民党議員・秋本真利氏である。その下半身は「エコ」とはほど遠い、持続可能な乱倫状態た。愛人の1人で元警視総監の実妹の女性現職千葉県議(62)も自身の逮捕危機に雲隠れしたが……「上級忖度」が行われるのかが注目されている。
猫組長 2023.08.27
サポートメンバー限定

処理水を憎悪するカルト民の正体

解説したように事件の焦点の一つが、ミスチルの所属事務所社長・谷口和弘氏が原資にした「3億円」の出所だ。横領となれば結構な事件である。本件の全容を知るのが私の知人だ。近々独占記事としてその全容を公開する。

さて、原発関連のニュースが賑わっている

一つは2023年8月24日から行われている福島第一原発の処理水の海洋放出だ。

「かがく」の「か」の字の読み書きさえ不自由な反原発カルトの人たちが湧き出ている。韓国のソウルで日本大使館への突入を試みている人たちの写真がこれだ。

BBC

BBC

この異様な容貌をみて「知性」と「理性」が備わっていると確信できる人がどれほどいるだろうか――日本で騒いでいるカルト民も、これと同様の「層」である。そういう極少数の知性と理性に乏しいカルト民の戯言はともかく、注目したいのは中国の異様な反発だ。

中国政府がこの反発を通じて見据えているのは「台湾侵攻作戦」であると私は考えている。処理水放出と台湾侵攻がなぜ結び付くのか――今回はそこからはじめて行こう。

もう一つが「反原発&再エネ」というカルト政策の旗手・秋本真利衆議院議員の事件である。旺盛な性欲については『【緊急配信】再エネカルト「秋本真利」グリーン利権の裏側 原発レベルの下半身欲望とメルトダウンした女性関係が捜査の端緒だった!』で書いた。

「馬主スキーム」を描いたのは誰なのか、なぜ風力発電業者は全面自供をしたのか――最大の問題は元警視総監の妹で現職千葉県議を務める62歳の愛人の「贈賄」への関与だ。

この女性千葉県議も逮捕間違いなしの状況だが、逃れた場合、「元警視総監の実妹」という上級忖度が行われたことになる。

もちろん私に「忖度」はない。今回は実名でドロドロの内幕を明かす。

中国が狙っているのは皆さんの「脳」

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3256文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
つばさの党事件でも暗躍-窮すれば右翼にも泣きつくれいわ真理教・山本太郎...
サポートメンバー限定
妹は元有名AV女優、経営飲食店の破廉恥ショー&爆音異臭騒動、ジョイント...
サポートメンバー限定
4月28日補選分析 日本保守党・飯山あかり氏が想定超えの大善戦だったと...
サポートメンバー限定
添田詩織に対する損害賠償請求事件の訴状を公開
サポートメンバー限定
現職自民党町議が元反社を使って私の「添田詩織シリーズ」執筆に圧力をかけ...
サポートメンバー限定
【緊急告知】添田詩織陣営が工作員に切り取り作戦指令が出された「猫組長チ...
サポートメンバー限定
添田詩織が元ヤクザの選挙協力を「事実無根」と断言、私への名誉毀損を止め...
サポートメンバー限定
「元ヤクザ」に選挙協力を依頼し議員になった添田詩織せんせーに「気持ち悪...