エネルギーを「武器」に…プーチン「第三次世界大戦への策謀」

「冬」に向けて欧州エネルギー危機は深刻化しているが、プーチン大統領が「核兵器」の他に手に入れたもう1つの「武器」こそ「エネルギー」だ。この状況での「COP27」はまさに「お笑いイベント」でしかない。しかし、ロシアにとっては「エネルギー生産国」を同盟化し、新たな武器を先鋭化させるチャンスでもある。プーチン大統領が打つ一手とは――。
猫組長 2022.10.14
有料限定

「クリミア半島」は「核スイッチ」のトリガー

私事だが、10月末に発売される新著『猫組長の投資顧問グループが明かす 2024年まで勝てる株式投資術』(徳間書店)の締め切り直前だ。

徳間書店
徳間書店

「猫組長POST」のトピックは世界を含めた政治・経済を中心にしているが、新著は株式投資を中心とした「猫組長TIMES」の読者向けの1冊だ。下落トレンドにあっても利益を生む48銘柄を厳選した。

前回の『プーチンが始めた「核のロシアンルーレット」』では、プーチン大統領が「核兵器」を容易に実戦で使用できないことを解説した。可能性があるのは「核実験」を通じた「核暴力の示威」だ。2018年に開発を宣言した新型核魚雷「ポセイドン」など、核搭載可能兵器を核弾頭抜きで発射実験することはより現実的な「核暴力の示威」である。私がプーチン大統領なら北朝鮮で核実験を実行するが、そのメリットも示した。

朝鮮中央テレビより
朝鮮中央テレビより

2022年9月26日に「ノルドストリーム」に対して行った「破壊工作」は、ロシアからの「メッセージ」だ。そこで今回は、ヨーロッパが「冬」を迎える時期に「エネルギー」を武器化するプーチン大統領の「黒い策謀」について解説する。

その前に明らかにしたいのが前回の検証だ。というのは、一連のことを裏付ける事態が早くも発生したからである。それこそが、

この記事は有料読者限定です

続きは、3853文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

アメリカの中国気球撃墜とLGBTが突きつけた「情報暴力」の脅威
有料限定
月末特別配信 2022年12月総合版 フェミナチ・仁藤夢乃の憂鬱
誰でも
「仁藤夢乃批判」で暇空茜さんと室井佑月氏を分けたもの
有料限定
フェミナチ、SDGs、再エネ、暗号資産…「亜種暴力団」の資金源「カルト...
有料限定
暇空茜さんVS「亜種暴力団」に急展開 文化破壊者の末路を極道史から読む...
有料限定
暇空茜さんが戦う「公金チュウチュウトレイン」が運ぶ「アカい羽根」が示し...
有料限定
暇空茜さんの戦いは「公金チュウチュウトレイン」へと拡大
有料限定
「1・4事変」でColaboの主張に見えた「暴力団交渉術」の正体
有料限定