エネルギーを「武器」に…プーチン「第三次世界大戦への策謀」

「冬」に向けて欧州エネルギー危機は深刻化しているが、プーチン大統領が「核兵器」の他に手に入れたもう1つの「武器」こそ「エネルギー」だ。この状況での「COP27」はまさに「お笑いイベント」でしかない。しかし、ロシアにとっては「エネルギー生産国」を同盟化し、新たな武器を先鋭化させるチャンスでもある。プーチン大統領が打つ一手とは――。
猫組長 2022.10.14
サポートメンバー限定

「クリミア半島」は「核スイッチ」のトリガー

私事だが、10月末に発売される新著『猫組長の投資顧問グループが明かす 2024年まで勝てる株式投資術』(徳間書店)の締め切り直前だ。

徳間書店

徳間書店

「猫組長POST」のトピックは世界を含めた政治・経済を中心にしているが、新著は株式投資を中心とした「猫組長TIMES」の読者向けの1冊だ。下落トレンドにあっても利益を生む48銘柄を厳選した。

前回の『プーチンが始めた「核のロシアンルーレット」』では、プーチン大統領が「核兵器」を容易に実戦で使用できないことを解説した。可能性があるのは「核実験」を通じた「核暴力の示威」だ。2018年に開発を宣言した新型核魚雷「ポセイドン」など、核搭載可能兵器を核弾頭抜きで発射実験することはより現実的な「核暴力の示威」である。私がプーチン大統領なら北朝鮮で核実験を実行するが、そのメリットも示した。

朝鮮中央テレビより

朝鮮中央テレビより

2022年9月26日に「ノルドストリーム」に対して行った「破壊工作」は、ロシアからの「メッセージ」だ。そこで今回は、ヨーロッパが「冬」を迎える時期に「エネルギー」を武器化するプーチン大統領の「黒い策謀」について解説する。

その前に明らかにしたいのが前回の検証だ。というのは、一連のことを裏付ける事態が早くも発生したからである。それこそが、

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3853文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
岸田「移民政策」の裏にある「自民とカネ」のただれた関係
サポートメンバー限定
哀しきヒットマン捜査の先に当局が見据える大物組長逮捕と分裂解消
サポートメンバー限定
哀しきヒットマン逮捕で浮上した六代目山口組の分裂解消への道筋
サポートメンバー限定
米国に資産没収された私が導き出す2025年の「もしトラ」
サポートメンバー限定
松本人志レイプパーティー事件「被害者・A子さん」の実名と素顔
サポートメンバー限定
松本人志、文春を提訴で見えた「弁護士コメンテーター」の劣悪ぶりと、今後...
サポートメンバー限定
松本人志レイプパーティー問題で吉本の内部肉声を独占入手「松本アウト~」...
サポートメンバー限定
松本人志レイプパーティー報道被害者「A子さん」の素性から導き出す「文春...