国葬出席の保留しかできない立憲民主党
「存在意義はあるのか」という自明の問題をあえて追求してみた

前回はSNS時代の情報発信に「アンチ」がどれほど有用であるかを解説した。国政において与党の「アンチ」とは野党だが、その第一党は「立憲民主党」だ。対案政策を出さない「批判政党」である立民に存在意義はあるのか――この答えがわかりきった問題を「ヒストリーとブランド」「クレジット」という観点からあえて考察してみた。
猫組長 2022.09.04
有料限定

山口組と民主党

前回の『政治発信に利用すべき「バカとアンチ」の使い方』ではSNSにおいて「病的アンチ」がどれほど情報発信の手助けをしてくれているのかを、自身の体験を交えて解説。その上で安倍元総理が「朝日新聞」という「病的アンチ」を利用して、自身の「政策」を伝えていったことも明らかにした。

安倍晋三Facebook
安倍晋三Facebook

「国政」に当てはめれば、与党にとって野党は「アンチ」ということになる。その「アンチ」の第一党が「立憲民主党」のはずだ。2022年8月31日、立憲民主党は国葬への反対を改めて表明。にもかかわらず、出欠については2022年9月4日時点まで「保留」を貫いている。「前回」は「使えるアンチ」と「使えないアンチ」を分けたが、これでは「アンチ」どころか存在自体に価値がない。

「なぜ地球は丸いの?」など子供による「当たり前の質問」の方が答えることは難しい。どうに万有引力の説明を成功させても、「なぜ引力があるの?」と「なぜ」が連続するからだ。ところが先日、担当編集から、

「立憲民主党の悪いところって具体的にどこですか?」

という「当たり前の質問」をされて、「全部」という当たり前の答えしか生み出せなかった私がいた。連続する「なぜ」も生まない答えは我ながら情けない。そこで今回は「立憲民主党に存在価値があるのか」という「答え」がわかりきった難問に、私なりに向き合ってみよう

この記事は有料読者限定です

続きは、4033文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

アメリカの中国気球撃墜とLGBTが突きつけた「情報暴力」の脅威
有料限定
月末特別配信 2022年12月総合版 フェミナチ・仁藤夢乃の憂鬱
誰でも
「仁藤夢乃批判」で暇空茜さんと室井佑月氏を分けたもの
有料限定
フェミナチ、SDGs、再エネ、暗号資産…「亜種暴力団」の資金源「カルト...
有料限定
暇空茜さんVS「亜種暴力団」に急展開 文化破壊者の末路を極道史から読む...
有料限定
暇空茜さんが戦う「公金チュウチュウトレイン」が運ぶ「アカい羽根」が示し...
有料限定
暇空茜さんの戦いは「公金チュウチュウトレイン」へと拡大
有料限定
「1・4事変」でColaboの主張に見えた「暴力団交渉術」の正体
有料限定