日本の「識者」には理解できない「9・27安倍元総理国葬外交」の実態

2022年9月27日の「国葬」に向けてメディアは批判を強めている。「弔問外交」の実効性について疑義を呈する識者がいかに多いことか。日本では「外交=話し合い」という国際社会のリアルからほど遠い認識が支配している。本来、外交とは「暴力」と連動してはじめて成立する実務だ。国家外交の縮図こそ暗黒街の「外交」である。その実態から「弔問外交」の意義について解説しよう。
猫組長 2022.09.23
サポートメンバー限定

外交とは暴力を背景にした実務

前回の『「ロシアは何も失っていない」プーチン発言の裏にある世界再編の不気味なリアル』では、ロシアによるウクライナ侵略が、資源・エネルギー産出国とG7による21世紀の階級闘争であることを書いた。「階級闘争」とは前時代的な「死語」のはずだが、2022年9月21日にロシアのプーチン大統領は、ついに部分動員令に署名。「部分」とはいえ「動員令」は第二次世界大戦以来「初」のことである。

ロシア国営テレビより

ロシア国営テレビより

人類の時間軸が「暴力の時代」へ逆行しようとしていることが改めて浮き彫りになった。

ところが日本では「暴力を抑止するために重要なのが外交」と「国際政治学者」をはじめとする多くの日本人識者、メディアは主張しているが、このロジック自体が誤りだと私は考えている。

この根底にあるが「外交=話し合い」という、極めて稚拙な考え方だ。外交とは平和的な話し合いでもなんでもなく、相手を自身の主張に屈服させる交渉に他ならない。ということで、はじめに「暴力」がなければ「外交」など成立しない

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3607文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
ドナルド・トランプ暗殺未遂 一発の銃弾が起こした「暴力の世界再編」
サポートメンバー限定
「ソヴィエト蓮舫崩壊」が示す「安倍元総理の悲願」を軸にした政界再編の可...
サポートメンバー限定
日本にとって都知事選よりイラン大統領選が重要なこれだけの理由
サポートメンバー限定
「都民セカンド」VS「都民ファシスト」の都知事選が示す政界の近未来
サポートメンバー限定
【元国際指名手配犯が解説】上川・岸田が「靖国陵辱中国人」をわざと逃がし...
サポートメンバー限定
小池百合子、蓮舫、今井絵理子が実証した「政治とはバカを騙すゲーム」
サポートメンバー限定
独自入手 ミスチル事務所のイノセントとはほど遠い「ウラ帳簿と不正蓄財ス...
サポートメンバー限定
つばさの党事件でも暗躍-窮すれば右翼にも泣きつくれいわ真理教・山本太郎...