「ロシアは何も失っていない」プーチン発言の裏にある世界再編の不気味なリアル

「得ていることこそあれ、失っているものはない」――劣勢が伝えられているウクライナ戦争について、ロシアのプーチン大統領がこう発言したのは2022年9月7日のことだった。私にはこれがただの「ブラフ」だとは思えない。それを裏付けるのがFRBの利上げによる「ショック」の在り方だ。IMFのデータが示す、世界再編の「今」を分析した。
猫組長 2022.09.18
有料限定

ロシアのGDP成長率予測が引き上げられた

2022年9月初頭から、ウクライナ戦争でウクライナ側が反転攻勢を行い、大規模な領土奪還を成功。ロシア敗北の楽観論がメディアで報じられているが、前回の『暴力の常識からみれば「ウクライナ戦争」は楽観できない』では、「暴力の常識」を使って「楽観論」を否定した。

もう1つ「楽観論」を否定する要素が、当事国のロシアがそれほど困っていないという事実である。私には冒頭のプーチン発言がブラフとは思えない。実際に知人のロシアン・マフィアも安穏としていて緊迫感はない。

2022年9月現在までのところロシア国内で深刻な物資不足が発生していることは伝えられてはいない。2022年7月にIMFが発表した「世界経済見通し」では、ロシアのGDP成長率が引き上げられてさえいる。

本来ならロシアは衰退していくはずなのに……

ロシアの侵略戦争に対して世界中が結束して「批判」しているように思われがちだ。しかし、内心で喜んでいるどころか、混乱の「恩恵」に与っている国が多くあるのが事実である。一体世界で何が起こっているのか。

ちょうど2022年9月18日からFRB(米連邦準備制度)の意思決定機関FOMC(米連邦公開市場委員会)が行われる。そこで今回はFRBの利上げから浮かび上がる事実と、生まれつつある新たな世界構造を導き出していこう。

なにか遠い要素と遠い要素を結びつけて見えるかもしれない。だが、これは世界経済を読み解く上での基本だ。図版を使って解説をしていこう。

この記事は有料読者限定です

続きは、3962文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

アメリカの中国気球撃墜とLGBTが突きつけた「情報暴力」の脅威
有料限定
月末特別配信 2022年12月総合版 フェミナチ・仁藤夢乃の憂鬱
誰でも
「仁藤夢乃批判」で暇空茜さんと室井佑月氏を分けたもの
有料限定
フェミナチ、SDGs、再エネ、暗号資産…「亜種暴力団」の資金源「カルト...
有料限定
暇空茜さんVS「亜種暴力団」に急展開 文化破壊者の末路を極道史から読む...
有料限定
暇空茜さんが戦う「公金チュウチュウトレイン」が運ぶ「アカい羽根」が示し...
有料限定
暇空茜さんの戦いは「公金チュウチュウトレイン」へと拡大
有料限定
「1・4事変」でColaboの主張に見えた「暴力団交渉術」の正体
有料限定