「超凡人総理」を支える「コオロギ太郎」への反発

「岩盤保守層」が求めていた数々の法案を成立させる一方で、男女共同参画推進や「異次元の少子化対策」などリベラル政策を推進させている岸田文雄総理。保守層・革新層・与党・野党全員が「岸田文雄」に「モヤッ」しながら、政敵が勝手に墜ちていく手腕は「永田町のステルス兵器」と呼ばれている。憲政史上最強の「超凡人」が倒されない要因の一つが「コオロギ太郎」こと河野太郎氏への反発だった――。
猫組長 2023.03.18
サポートメンバー限定

繰り返される「悪魔の証明」

前回の『地下文法に照らせば「小西文書」は「ガセ」ではなく「バッタ」である』では、あの立憲民主党の小西洋之氏が高市早苗氏に迫った「小西バッタ文書」について解説した。文章の作成者は木っ端役人時代の小西氏の周辺者。精査の結果、総務省への圧力も高市氏について記載された部分の真性も確認できなかったのだ。

「バッタ」という私の評価がブレることはない

立民・リベラルメディアを常に支えるメンタルは「第一次安倍政権の成功体験」で、高市氏の答弁問題における「偏向報道」の裏側にあるのは、支持率が低い岸田文雄総理を攻め落とせない焦燥感だ。

憲政史上最強の「凡人総理」を支えているのは、「コオロギ太郎」こと河野太郎氏への反発という声がある。

そこで今回は、自民党内の「仁義なき戦い」を、新規のオリジナル図版を交え解説する。

まず前回の続きとして、高市発言の現状を整理したい。リベラル系メディアは「信用できないなら質問しないで」というタイトルを横並びで報じたが、その元になった答弁を分析する。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、4954文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
つばさの党事件でも暗躍-窮すれば右翼にも泣きつくれいわ真理教・山本太郎...
サポートメンバー限定
妹は元有名AV女優、経営飲食店の破廉恥ショー&爆音異臭騒動、ジョイント...
サポートメンバー限定
4月28日補選分析 日本保守党・飯山あかり氏が想定超えの大善戦だったと...
サポートメンバー限定
添田詩織に対する損害賠償請求事件の訴状を公開
サポートメンバー限定
現職自民党町議が元反社を使って私の「添田詩織シリーズ」執筆に圧力をかけ...
サポートメンバー限定
【緊急告知】添田詩織陣営が工作員に切り取り作戦指令が出された「猫組長チ...
サポートメンバー限定
添田詩織が元ヤクザの選挙協力を「事実無根」と断言、私への名誉毀損を止め...
サポートメンバー限定
「元ヤクザ」に選挙協力を依頼し議員になった添田詩織せんせーに「気持ち悪...