ドイツが示す「再エネカルト」のすヤバすぎる危機

新聞・テレビは「統一教会」「国葬」一色になっている。そうしたメディアを妄信するのは極少数の「情弱」だ。「最小人数の最少幸福」実現のため、相手にされない無駄な騒動を楽しんで欲しい。「最大多数が豊かさを得る」ことが本連載の意義だ。そこで今回も世界で大きな問題になりつつある「エネルギー安全保障」について解説する。
猫組長 2022.07.30
サポートメンバー限定

情弱を騙す典型的な詐欺師の手口

前回の『「9・27国葬」がG7のエネルギー問題を救済する』では、日本が中東和平の「ハブ」になっていたこと。2023年にG7議長国になるということで、G7のエネルギー問題解決に向かわなければならないことを解説した。

北半球に訪れる「冬」に備えて、この2022年8月は「エネルギー」の話題が多くなることは確実だ。にもかかわらず国内メディアは「統一教会」一色になっているお寒い状況だ。

安倍元総理、犯人の山上徹也、自民党、統一教会と大きな隔たりのある「点」が、あたかも濃厚な関係があるような論調である。これは「刺激的な言葉」を使って、無知で合理的思考ができない人を騙す詐欺師の典型的な手口だと私は考えているが…。

今回は、前回の予告どおり日本の病的環境推進派が「再エネモデル国」としてあがめるドイツのエネルギー安全保障について考えていく

<a href="https://pixabay.com/ja/users/andreas160578-2383079/?utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=2138992">andreas160578</a>による<a href="https://pixabay.com/ja//?utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=2138992">Pixabay</a>からの画像  

andreas160578によるPixabayからの画像  

ドイツはロシアのウクライナ侵攻のトリガーであり、第二次世界大戦後の連邦共和国建国以来、最大の危機を迎えている。ドイツのエネルギー安全保障は、日本においては「大阪市南港咲洲メガソーラー発電所」問題の「本質」に繋がる好例だ。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、4251文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
「都民セカンド」VS「都民ファシスト」の都知事選が示す政界の近未来
サポートメンバー限定
【元国際指名手配犯が解説】上川・岸田が「靖国陵辱中国人」をわざと逃がし...
サポートメンバー限定
小池百合子、蓮舫、今井絵理子が実証した「政治とはバカを騙すゲーム」
サポートメンバー限定
独自入手 ミスチル事務所のイノセントとはほど遠い「ウラ帳簿と不正蓄財ス...
サポートメンバー限定
つばさの党事件でも暗躍-窮すれば右翼にも泣きつくれいわ真理教・山本太郎...
サポートメンバー限定
妹は元有名AV女優、経営飲食店の破廉恥ショー&爆音異臭騒動、ジョイント...
サポートメンバー限定
4月28日補選分析 日本保守党・飯山あかり氏が想定超えの大善戦だったと...
サポートメンバー限定
添田詩織に対する損害賠償請求事件の訴状を公開