11・16対談を再現 村西とおる氏が「河村たかし」を大酷評!「お人柄のよろしい2人があの野郎に乗せられた」

「全裸監督」としての経歴はもちろん、保守系論客として敬愛する村西とおる氏と対談を行った。下ネタを交えつつも語られる政治・経済談義はユニークにして深く鋭い一級品だ。そんな村西氏は日本保守党共同代表・河村たかし氏を酷評する。視聴者から「神回」と称された「ニコ生配信」の前半部を再現する!
猫組長 2023.11.21
サポートメンバー限定

前回の『「暴力」から考察する「稲田法」が「ザル」の理由』では稲田朋美氏、古屋圭司氏、新藤義孝氏らが中心になって作ったLGBT法によって、健全な思考能力を持つ女性の大多数の生命と安全が脅かされているリスクについて解説している。

LGBT法案提出までの手続きが民主主義のプロセスを経ていないこと、また法律自体が納税者の生命を脅かす事件を生み出していること。さらに成立の中心人物である稲田氏らが、女性の心を持つと主張した男性が女性風呂に侵入した事件についてほっかむりを被って「なかったこと」にしていることなどを考えれば国会議員の資格はないと言わざるをえない。

岸田政権に自浄が期待できない以上、有権者が排除するしかないのが現実だ。そこに日本保守党の勝利ポイントがあると私は期待をしている。

いみじくも2023年11月18日、創価学会のトップ、池田大作氏が3日前の同月15日に亡くなったことが発表された。

公明党の親中姿勢は池田氏の意思の反映だ。カリスマが亡くなったことで、公明党の自身の在り方が変わる可能性は高い。  その結果、自公連立が解消されることになれば、改憲勢力としての日本保守党の存在感は大きくなることは間違いない

私が村西氏と対談を行ったのは2023年11月16日のことだ。自らを「昭和最後のエロ事師」と称する村西氏だが、その魅力は「全裸監督業」に留まらない。一流の保守論客と私は村西氏を評価している。

その村西氏が開口一番のトピックとして選んだのが日本保守党で、舌鋒鋭く河村たかし氏を断罪した。

同党共同代表の百田尚樹氏、事務局長の有本香氏の意思決定を支持し、応援するというのが私のスタンスだ。河村氏についての評価は『「河村たかし」を間近でみた私が感じた「日本保守党」が得る巨大恩恵の正体』で書いた通りである。とはいえ日本保守党のストロングポイントはスタートアップしたばかりのベンチャーという点。すなわち意見が上層部に通りやすい。

鉄は熱いうちに…の例えではないが、今だからこそ議論を重ねるべきというのもまた私の意見だ。いずれ行われる代表選のためにも、「河村たかし」が組織にとって絶対必要な要なのか、組織を分裂させる「猛毒」なのかは意見の分かれるところだ。

村西氏の貴重な意見は広く共有されるべきだと考えた私は、神回と称された村西節を再現することにした――。

あの野郎はインチキだからダメ

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3981文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
岸田「移民政策」の裏にある「自民とカネ」のただれた関係
サポートメンバー限定
哀しきヒットマン捜査の先に当局が見据える大物組長逮捕と分裂解消
サポートメンバー限定
哀しきヒットマン逮捕で浮上した六代目山口組の分裂解消への道筋
サポートメンバー限定
米国に資産没収された私が導き出す2025年の「もしトラ」
サポートメンバー限定
松本人志レイプパーティー事件「被害者・A子さん」の実名と素顔
サポートメンバー限定
松本人志、文春を提訴で見えた「弁護士コメンテーター」の劣悪ぶりと、今後...
サポートメンバー限定
松本人志レイプパーティー問題で吉本の内部肉声を独占入手「松本アウト~」...
サポートメンバー限定
松本人志レイプパーティー報道被害者「A子さん」の素性から導き出す「文春...