「河村たかし」を間近でみた私が感じた「日本保守党」が得る巨大恩恵の正体

日本保守党事務局長、有本香氏は同党を「ベンチャー」と表現した。この概念を使うと河村たかし氏の共同代表就任の真意を、わかりやすく説明できる。2023年10月18日の新橋演説後の酒席で私は河村氏と対面した。地下社会とはいえ「長」を務めた経験がある私が感じた「河村氏」の印象と合わせて、日本保守党が得る巨大恩恵の正体を解説する。
猫組長 2023.10.28
サポートメンバー限定

前回の『10・17「日本保守党」結党式 誰もが首を傾げた「サプライズ」の意義と意味』では名古屋市長の河村たかし氏が日本保守党の共同代表になったことについて書いた。

たまには少しだけ手前味噌を練るところから始めたい。『祝!日本保守党結党 「ライドシェア」解禁が示す公明党‐自民リベラル派の「利権構造」』で書いたライドシェア解禁についてである。ライドシェアなど解禁しなくても個人タクシー資格のハードルを下げれば済むこと。またナビゲーションシステムが整備された現在では「地理」の試験が無意味になっていることなどを書いた。

ところが2023年10月28日、斉藤鉄夫国交相が衆院予算委員会で「地理」について、「廃止も含め早急に検討したい」としたのだ。

タクシー運転手不足も、試験としての「地理」が無意味なことも、何年も前から、バカでもわかっていた話だ。リンゴが地上に落ちるのと同レベルの「当たり前のこと」への対応が「今」行われているのである。

国交省は自民党の連立パートナー公明党のポストだ。ところが公明党が国交政策を支配して以降、自分たちの利権と無関係な問題への対応が総じて「遅い」。例えば南方に位置する島嶼の港や空港の整備はまったく手つかずだった。中国の台湾侵攻リスクが幾何級数的に高まっているにもかかわらず、避難のための船や飛行機が運用できない状態が何年も放置され続けてきたのだ。

ようやく整備が可能になったが、それも国交省の指示ではなく、防衛省が予算拡大によって横から入れるようになったからである。

国民の生命を守ることは、国家と市民との契約の最優先事項だ。対中関係は公明党の巨大利権の一つである。党の利権維持のために国民の生命をリスクに晒すことが許されてよいはずがない。これを放置してきた与党・公明党の責任は重い

この話がただの「手前味噌」に留まらないのは、日本保守党の政界での「価値」に繋がるからである。同党事務局長の有本香氏は日本保守党を「ベンチャー」と表現した。

この「ベンチャー」という概念を使うと、自民党との「違い」をわかりやすく説明することができる。何より河村氏の意義と意味もより明確になるだろう。そこで前回予告した通り、私が実際に会った河村氏の印象などを合わせて「河村たかし共同代表」の意義と意味を解説する。

「メダルかじり」批判はまったくのナンセンス

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、5090文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
「都民セカンド」VS「都民ファシスト」の都知事選が示す政界の近未来
サポートメンバー限定
【元国際指名手配犯が解説】上川・岸田が「靖国陵辱中国人」をわざと逃がし...
サポートメンバー限定
小池百合子、蓮舫、今井絵理子が実証した「政治とはバカを騙すゲーム」
サポートメンバー限定
独自入手 ミスチル事務所のイノセントとはほど遠い「ウラ帳簿と不正蓄財ス...
サポートメンバー限定
つばさの党事件でも暗躍-窮すれば右翼にも泣きつくれいわ真理教・山本太郎...
サポートメンバー限定
妹は元有名AV女優、経営飲食店の破廉恥ショー&爆音異臭騒動、ジョイント...
サポートメンバー限定
4月28日補選分析 日本保守党・飯山あかり氏が想定超えの大善戦だったと...
サポートメンバー限定
添田詩織に対する損害賠償請求事件の訴状を公開