掌返しの「親日」こそ韓国不変の「わがまま外交」だ

韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領が「旧朝鮮半島労働者問題」の解決姿勢を示した。自分たちで勝手に「問題」にして、自分たちが「解決」するのは当然のことだ。はたして韓国はなぜ突然、対日姿勢を変えたのか――その背景には「台湾有事」がある。日本に対する「わがまま」「甘え」が不変な韓国の異様な実情を明らかにしたい。
猫組長 2022.08.18
有料限定

高市早苗氏の立ち直りを祈る

前回の『高市早苗に託された「安倍外交・安全保障」の正体』では安倍元総理の「外交」を図解しながら、「経済安全保障」が現在の日本外交で重要な意味を持つことを解説。担当大臣となった高市早苗氏に与えられたミッションが、高い難易度であることに触れた。

官邸HPより
官邸HPより

その高市氏は2022年8月14日に入閣について、「辛い気持ちでいっぱい」とTweet。翌日の同月15日の会見でも、

「いろんな意味で、つらい思いはあるが、お役を頂いた限りは全力で働く」

と、複雑な胸中を隠さなかった。また内閣改造前に自身が無役になる可能性があることを安倍元総理に伝えた際、安倍元総理から

「全くすべての役を外されることはないように思うので、高市さん、岸田さんから頼まれたことは絶対に断らずに受けなければいけないよ」

と、アドバイスされていたことも明らかにしてしまったのである。

弱音といい、個人的な会話の暴露といい、まったく高市氏らしくない。これも安倍元総理の逝去と高難易度のミッションが引き金になっていると私は考えている。私自身も期待をしている政治家ということで、立ち直ってくれることを祈るばかりだ。

さて、その経済安全保障でいきなり窮地に立たされたのが韓国だ。

2022年8月17日、韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は、旧朝鮮半島出身労働者問題について、

「判決の(強制)執行の過程で、日本政府が憂慮する主権問題と衝突することなく、原告が補償を受けられるようにする解決案を検討している」

とした。

尹錫悦公式HPより
尹錫悦公式HPより

この掌返しの親日姿勢の背景には、「台湾有事」があると私は考えている。

実はバイデン政権が「台湾有事」を辞さない姿勢であることを明らかにしているのは、安倍元総理だ。そこでその肉声と図解を交えて解説。台湾有事によって韓国経済は崩壊するのだが、「親日」にせよ「反日」にせよエゴまみれの韓国の日本に対する「わがまま姿勢」「甘え姿勢」が不変であることを明らかにする。

台湾海峡封鎖の予行演習

この記事は有料読者限定です

続きは、2947文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

アメリカの中国気球撃墜とLGBTが突きつけた「情報暴力」の脅威
有料限定
月末特別配信 2022年12月総合版 フェミナチ・仁藤夢乃の憂鬱
誰でも
「仁藤夢乃批判」で暇空茜さんと室井佑月氏を分けたもの
有料限定
フェミナチ、SDGs、再エネ、暗号資産…「亜種暴力団」の資金源「カルト...
有料限定
暇空茜さんVS「亜種暴力団」に急展開 文化破壊者の末路を極道史から読む...
有料限定
暇空茜さんが戦う「公金チュウチュウトレイン」が運ぶ「アカい羽根」が示し...
有料限定
暇空茜さんの戦いは「公金チュウチュウトレイン」へと拡大
有料限定
「1・4事変」でColaboの主張に見えた「暴力団交渉術」の正体
有料限定