「ユートピア」を実現した「金融緩和」が「インフレ」を生んだ

コロナ禍では人類史に前例をみない「金融緩和」が実行された。だが、それこそが「マネーの供給過多」を理由にした「インフレ発生」の要因だ。2020年末に向けたワクチン開発により「ゼロコロナ」から「ウィズコロナ」へと転換する。この流れの中で、なぜ「金融緩和」が「インフレ」に繋がっていくのかを解説する。
猫組長 2022.05.02
読者限定

2020年に「インフレ」は始まっていた

コロナ禍では「経済の仮死」を止めるために、人類史に例をみない「金融緩和」によって大量のマネーが発行される。対応の選択肢がなかったものの、その結果、アメリカが働かなくても週に10万円を貰える「ユートピア」になったことは『国際情勢を知ることは「豊かさ」を獲得することである』で解説した。

実は、この「異様な世界」が創造された時点で「インフレの発生」は確定していたのだ。

例えば100個のリンゴに対して100枚の引換券しかなければ、1枚で1個のリンゴを手に入れることができる。ところが引換券を刷って1000枚に増やすと、1個のリンゴを手に入れるために10枚の引換券が必要になる。

引換券を刷ったことでリンゴ1個に必要となる引換券の量は10倍に上昇したということだ。これが「マネー」を大量に供給したことによるインフレの簡易モデルである(下図参照)。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3199文字あります。
  • 人を殺さないから社会が仮死状態になった
  • 経済が仮死状態から復活したことで…

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
つばさの党事件でも暗躍-窮すれば右翼にも泣きつくれいわ真理教・山本太郎...
サポートメンバー限定
妹は元有名AV女優、経営飲食店の破廉恥ショー&爆音異臭騒動、ジョイント...
サポートメンバー限定
4月28日補選分析 日本保守党・飯山あかり氏が想定超えの大善戦だったと...
サポートメンバー限定
添田詩織に対する損害賠償請求事件の訴状を公開
サポートメンバー限定
現職自民党町議が元反社を使って私の「添田詩織シリーズ」執筆に圧力をかけ...
サポートメンバー限定
【緊急告知】添田詩織陣営が工作員に切り取り作戦指令が出された「猫組長チ...
サポートメンバー限定
添田詩織が元ヤクザの選挙協力を「事実無根」と断言、私への名誉毀損を止め...
サポートメンバー限定
「元ヤクザ」に選挙協力を依頼し議員になった添田詩織せんせーに「気持ち悪...