戦時経済とは「コンピタンス」から「ケイパビリティ」への価値転換である

前回は「FIT法」が菅直人氏の異様な精神状態の中で生まれ、黒い資本が群れたことを明らかにした。「サハリン2」の権益はロシアに収奪されそうだが、エネルギー生産手段を持たずにロシアとエネルギー交渉をすること自体がナンセンスだ。今回は、「常識の投資」に触れながら、戦時経済の正体について解説していく。
猫組長 2022.07.02
サポートメンバー限定

FIT長者の正体

前回の『6・27「電力需給逼迫注意報」とは自民党エネルギー政策の「失敗宣言」である』では、総理時代の菅直人氏が原発爆発を前に、常軌を逸した精神状態に陥ったこと。その後、辞任と引き換えという「カミカゼ」的にFIT法を成立させたこと。設備投資の安い太陽光発電に「黒い資本」が群がったことなどを明らかにした。

前回、FIT長者の一人として私の後輩を例に挙げた。下の写真は、その後輩とのやり取りだ。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、5320文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
【緊急告知】添田詩織陣営が工作員に切り取り作戦指令が出された「猫組長チ...
サポートメンバー限定
添田詩織が元ヤクザの選挙協力を「事実無根」と断言、私への名誉毀損を止め...
サポートメンバー限定
「元ヤクザ」に選挙協力を依頼し議員になった添田詩織せんせーに「気持ち悪...
サポートメンバー限定
裏金問題で安倍派幹部に離党勧告 岸田政権の「失策」と「嘘」
サポートメンバー限定
英国の研究データが示した「国益型移民」と「不利益型移民」の素性
サポートメンバー限定
移民・難民は本当に得か損か 自称・クルド人難民問題を社会コストから徹底...
サポートメンバー限定
衆院2補選で与野党総崩れで日本保守党の躍進か 飯山陽氏と無策の女王・...
サポートメンバー限定
岸田「移民政策」の裏にある「自民とカネ」のただれた関係