「国葬」国会説明 岸田総理のヤバすぎる「暴走」

2022年9月8日、岸田総理が国会閉会中審査で「国葬」の説明を行った。根回しによる予定調和を作って政策を実行するのが岸田総理のストロングポイントだが、この「説明」は初の「暴走」だったという。そこで今回は「国葬」の是非について分析し、岸田政権の「危機」について解説したい。
猫組長 2022.09.08
有料限定

それでも立民の支持率は上がらない

前回の『国葬出席の保留しかできない立憲民主党』では、立憲に「存在意義はあるのか」という自明の問題をあえて追求してみた。その中では「立憲民主党」が裏切っているのは、他ならない「立憲支持者」であることを導出している。

対案によって与党に打ち勝つのではなく、批判によって与党を貶め、下がった支持率を「かすりとる」取るのが民主党以来の立憲の「伝統芸能」だ。しかしヒストリーとブランドという観点から考えれば、それも叶わない。

立憲民主党HPより
立憲民主党HPより

選挙前に煽られた期待に胸を躍らせ、投開票後に落胆する「伝統芸能」はしばらく絶えないと私は考えている。

その批判の「好材料」として利用されているのが2022年9月27日に行われる安倍元総理の「国葬」だ。2022年9月8日には、岸田文雄総理が国会で「国葬」について、

「国政選挙において6回にわたり国民の信任を得ながら憲政史上最長の8年8カ月にわたり首相の重責を担った」

などと、説明をした。

岸田文雄公式Facebookより
岸田文雄公式Facebookより

根回しが持ち味の岸田総理だが、この「説明」は独断暴走だったという「声」が聞こえてきた。党内には不満が起こったが、こうしたほころびは「政局」になりかねないリスクを孕んでいる。そこで今回はその「声」の内容を具体的にしながら、岸田総理に訪れる「危機」について解説していきたい。

まず「国葬」にまつわる「虚報」の精査からはじめよう。

たった1週間で虚報がバレた

この記事は有料読者限定です

続きは、3680文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

アメリカの中国気球撃墜とLGBTが突きつけた「情報暴力」の脅威
有料限定
月末特別配信 2022年12月総合版 フェミナチ・仁藤夢乃の憂鬱
誰でも
「仁藤夢乃批判」で暇空茜さんと室井佑月氏を分けたもの
有料限定
フェミナチ、SDGs、再エネ、暗号資産…「亜種暴力団」の資金源「カルト...
有料限定
暇空茜さんVS「亜種暴力団」に急展開 文化破壊者の末路を極道史から読む...
有料限定
暇空茜さんが戦う「公金チュウチュウトレイン」が運ぶ「アカい羽根」が示し...
有料限定
暇空茜さんの戦いは「公金チュウチュウトレイン」へと拡大
有料限定
「1・4事変」でColaboの主張に見えた「暴力団交渉術」の正体
有料限定