「かまってちゃん型殺人者」を量産 反安倍無罪を固定化したメディアの情報暴力

今度は岸田総理が狙われた。選挙演説中で犯人はプータローという、安倍元総理殺害事件と酷似した構図だ。安倍事件以降、特にリベラルを自称するメディアと識者は無意味な凶行に意味を付与させる「陰謀論」に走った。「かまってちゃん殺人者」を反カルトの英雄にしたてた結果、民主主義を崩壊させるほどの重大危機が起こったのである。
猫組長 2023.04.20
サポートメンバー限定

前回の『この私が、あの立民候補を応援 「河野太郎の寵児」英利アルフィヤねじ込みの裏にある「ポスト岸田」の権力闘争』では、千葉5区補選が河野太郎氏の復権への大きな一歩になる裏事情を解説した。

政権与党内では常に権力闘争が行われている。その本質を端的に言い表したのが安倍晋三元総理で、大統領制と議院内閣制の違いについて、

「大統領は反対政党から倒され、首相は、与党から倒される」

としていた。

だが国政トップが与党から倒されるよりシンプルな方法が「殺害」である。

応援演説会場を訪れた岸田文雄総理の間近に爆発物が投げ込まれた。着発信管ではなかったことで無事だったものの、一歩間違えれば殺害成功という危機である。

首相官邸HPより

首相官邸HPより

整理して行けば安倍元総理を殺害した山上徹也も、今回の爆弾犯・木村隆二もテロリストでもなんでもない。思想性ゼロのただの「かまってちゃん」に過ぎない「かまってちゃん型殺人者」が量産された背景には、メディアが安倍元総理を殺害した山上の愚行に「意味を付けた」からだと私は考えている。

そこで今回は朝日新聞を始めとする情報暴力団が、陳腐な人間を「英雄」に祭り上げ、「反安倍無罪」を固定化させた経緯を整理。民主主義の根幹を「情報」によって破壊する危機を明らかにしていこう。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3521文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
岸田「移民政策」の裏にある「自民とカネ」のただれた関係
サポートメンバー限定
哀しきヒットマン捜査の先に当局が見据える大物組長逮捕と分裂解消
サポートメンバー限定
哀しきヒットマン逮捕で浮上した六代目山口組の分裂解消への道筋
サポートメンバー限定
米国に資産没収された私が導き出す2025年の「もしトラ」
サポートメンバー限定
松本人志レイプパーティー事件「被害者・A子さん」の実名と素顔
サポートメンバー限定
松本人志、文春を提訴で見えた「弁護士コメンテーター」の劣悪ぶりと、今後...
サポートメンバー限定
松本人志レイプパーティー問題で吉本の内部肉声を独占入手「松本アウト~」...
サポートメンバー限定
松本人志レイプパーティー報道被害者「A子さん」の素性から導き出す「文春...