究極の厄ネタ「木原誠二」 妻の「薬ネタ」を再捜査しない「闇」理由

触れる者は逮捕、あるいは社会からの追い落とし――「木原誠二」トピックは危険な「厄ネタ」だ。その厄ネタの妻の元夫の不審死には「シャブ」が関係していた。「厄ネタ」に「薬ネタ」がハイブリッドし、伝えるリスクは幾何級数的に上昇。私自身にも危険が及ぶ可能性もあるトピックの第二弾は、「再捜査」をしない理由の「闇」を暴く。
猫組長 2023.07.22
サポートメンバー限定

彼らは弱い者を狙う

前回の『木原誠二夫人を囲む「シャブ人脈と乱倫」過去--元夫不審死捜査に働いた「闇の力」の深層を全部公開する』は「猫組長POST」開始以来、もっともハイリスクなネタだ。反響も大きく、第二弾を求める声が多く届いている。

だが相手は岸田文雄総理の「側近中の側近」で、時の政権のハンドラーである。しかも「木原誠二」というトピックは攻撃者が逮捕されたり、社会から落とされる「厄ネタ」だ。

私自身はこの種のリスク対応に慣れているものの、問題はこうした事態に慣れていない私のスタッフである。映画「ゴッド・ファーザー」でドンが言うように、「彼らは弱いところを責めてくる」からだ。

ゆえに私は「リスク」に対するレーダー感度を最大限に上げざるを得ない。短い期間で新たな「木原ネタ」を提供することが難しい事情をご理解いただきたい。

読者の反応は私を高揚させ、知ったことを全部書きたくなる。が、当然次のリスクが生まれることになるのだ。自分を律しながら書いている。

危険な「厄ネタ」木原氏の妻・Xさんの元夫の父親が会見で疑義を呈したように、「なぜ再捜査が行われないのか」は誰しもが疑問に思うところだろう。今回も冒頭は手短にして、有料読者にその闇の内幕を伝える。

シャブ乱倫の中で起こった不審死

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3272文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
ドナルド・トランプ暗殺未遂 一発の銃弾が起こした「暴力の世界再編」
サポートメンバー限定
「ソヴィエト蓮舫崩壊」が示す「安倍元総理の悲願」を軸にした政界再編の可...
サポートメンバー限定
日本にとって都知事選よりイラン大統領選が重要なこれだけの理由
サポートメンバー限定
「都民セカンド」VS「都民ファシスト」の都知事選が示す政界の近未来
サポートメンバー限定
【元国際指名手配犯が解説】上川・岸田が「靖国陵辱中国人」をわざと逃がし...
サポートメンバー限定
小池百合子、蓮舫、今井絵理子が実証した「政治とはバカを騙すゲーム」
サポートメンバー限定
独自入手 ミスチル事務所のイノセントとはほど遠い「ウラ帳簿と不正蓄財ス...
サポートメンバー限定
つばさの党事件でも暗躍-窮すれば右翼にも泣きつくれいわ真理教・山本太郎...