月末特別配信 2022年9月総合版
9・27国葬で抑止力「安倍晋三」を喪失した日本と世界は「暴力衝突」の時代へと突入した

ウクライナの反転攻勢が明らかにしたのは、富裕国VS資源・エネルギー算出国による「21世紀の階級闘争」だ。9・27国葬では恥や知性が欠落している反安倍カルトが最後のお祭りを楽しんだ。「アベガー」の低俗な狂想とは別に現実味を持ったのが、中国による尖閣侵攻のリスクだ。「エネルギー」「防衛」など安全保障が深刻化する節目となった2022年9月をまとめた。
猫組長 2022.09.30
読者限定

2022年9月に入りウクライナが侵略者・ロシアに対して大規模な反転攻勢を成功させた。この影響でエネルギー高騰が進んだが、経済制裁の反対側でロシアは「焼け太り」をすることになっている「ウクライナ侵攻」はただの「戦争」ではなく、21世紀に甦った「消費する者」と「生み出す者」との間に起こった新たな階級闘争だと私は考えている。「FRBの利上げ」と「ウクライナ侵攻」を通じてこのことを分析した。

イギリスのエリザベス女王が崩御したが、改めて考えたいのが「イギリス」の国家戦略だ。イギリスは大航海時代から植民地を拠点にして、重層的な情報と金融の国際ネットワークを構築。その「資産(アセット)」を今日でも最大限に活用し、G7の雄として存在感を示している。海洋国家であることや経済規模から考えても日本がモデルとする理想国といえるだろう。日本が激動の時代を生き抜くヒントを明らかにする。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3971文字あります。
  • 政治発信に利用すべき「バカとアンチ」の使い方
  • 国葬出席の保留しかできない立憲民主党
  • 「存在意義はあるのか」という自明の問題をあえて追求してみた
  • 「国葬」国会説明 岸田総理のヤバすぎる「暴走」
  • エリザベス女王崩御で考えたいユニオンジャックと日本の相似点
  • 暴力の常識からみれば「ウクライナ戦争」は楽観できない
  • 「ロシアは何も失っていない」プーチン発言の裏にある世界再編の不気味なリアル
  • 日本の「識者」には理解できない「9・27安倍元総理国葬外交」の実態
  • 9・27国葬でわかった中国「尖閣侵略」のヤバすぎるリスク
  • 9・27追悼 安倍晋三は死してなお日本の領土・領海を守っている
  • 過去の「総合版」

すでに登録された方はこちらからログイン

アメリカの中国気球撃墜とLGBTが突きつけた「情報暴力」の脅威
有料限定
月末特別配信 2022年12月総合版 フェミナチ・仁藤夢乃の憂鬱
誰でも
「仁藤夢乃批判」で暇空茜さんと室井佑月氏を分けたもの
有料限定
フェミナチ、SDGs、再エネ、暗号資産…「亜種暴力団」の資金源「カルト...
有料限定
暇空茜さんVS「亜種暴力団」に急展開 文化破壊者の末路を極道史から読む...
有料限定
暇空茜さんが戦う「公金チュウチュウトレイン」が運ぶ「アカい羽根」が示し...
有料限定
暇空茜さんの戦いは「公金チュウチュウトレイン」へと拡大
有料限定
「1・4事変」でColaboの主張に見えた「暴力団交渉術」の正体
有料限定