【緊急告知】添田詩織陣営が工作員に切り取り作戦指令が出された「猫組長チャンネル」は本日20:00〜生配信

距離が近ければ近い程嫌われると忠告したのにもかかわらず、添田詩織せんせーの一挙手一投足が私に届いている。添田せんせーご自身も「猫組長チャンネル」の視聴者ということでお礼申し上げる。その添田せんせーは「問題のある発言を切り取り動画を作れ」と工作員に指示したようだ。先生の期待に添うよう努力はするが、果たして私はミスをするのか―
猫組長 2024.04.11
サポートメンバー限定

添田ビジネスの正体

前回の『添田詩織が元ヤクザの選挙協力を「事実無根」と断言、私への名誉毀損を止めないので、元ヤクザとの「親密なツーショット写真」を公開します』はサーバーがパンクするほどの反響となった。記事中でば添田せんせーに救済を与えたが、どうも私の恩情はご本人に届かなかったようだ。

何があろうとも第3弾は配信する。

意外な話だが生前、若野康玄氏は岸田文雄総理支持だった。「FRIDAY」に岸田総理との2ショット写真を掲載されたことは『「元ヤクザ」に選挙協力を依頼し議員になった添田詩織せんせーに「気持ち悪い反社」と指摘されたので訴えを提起することにしました。』で書いた。そのことをメディアに問われた岸田事務所は、すでに暴力団を辞めて一般市民となった若野氏との写真のどこに問題があるのかと反論した。

その人権意識に感銘を受けたことで若野氏は晩年、岸田総理を支持したのである。

暴力団員が組織を辞めて社会復帰することは、皆さんが考えているより難しい。なぜなら添田せんせーのように「元ヤクザ」というレッテルを貼り、市民生活を阻害してくる連中が後を絶たないからだ。若野氏は著書『唯誠』でこう主張している。

〈暴力団に対して、メディアや世論は「排除」一色となっている。ある時期から民間経済という、市民の米びつに手をつけて巨大な利益を生むようになった暴力団を排除することに、私自身賛成している。だが「暴力団をなくせ」と主張しているメディアが、その論調どおりに暴力団をやめた人間を攻撃するというのは、どういう論理なのか。

 やめたあとでも、社会的制裁を加え続けるのだとすれば、現役と元で扱いに差がないことになる。なれば、暴力団でいるほうが得だということで、暴力団排除の真逆の効果しか生まないのではないか。暴力団壊滅を目的にする警察など法執行機関の努力も水の泡ということになる。

 この矛盾を承知で、「元暴力団」の一般市民を言葉で攻撃することは、もはや報道ではなく暴力だ。ましてや「悪いことをしてきたから、悪いことをするだろう」という印象だけで、個人の人権を毀損する行為は「卑劣な差別」であり、人権侵害以外の何物でもない。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、2370文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
つばさの党事件でも暗躍-窮すれば右翼にも泣きつくれいわ真理教・山本太郎...
サポートメンバー限定
妹は元有名AV女優、経営飲食店の破廉恥ショー&爆音異臭騒動、ジョイント...
サポートメンバー限定
4月28日補選分析 日本保守党・飯山あかり氏が想定超えの大善戦だったと...
サポートメンバー限定
添田詩織に対する損害賠償請求事件の訴状を公開
サポートメンバー限定
現職自民党町議が元反社を使って私の「添田詩織シリーズ」執筆に圧力をかけ...
サポートメンバー限定
添田詩織が元ヤクザの選挙協力を「事実無根」と断言、私への名誉毀損を止め...
サポートメンバー限定
「元ヤクザ」に選挙協力を依頼し議員になった添田詩織せんせーに「気持ち悪...
サポートメンバー限定
裏金問題で安倍派幹部に離党勧告 岸田政権の「失策」と「嘘」