「反安倍カルト信者」に共通する病のごとき「非合理的思考」を憐れむ

安倍元総理が荼毘に付された日、沿道に集まる人々の真摯に冥福を祈る姿に私は胸を打たれた。無意味な陰謀論の解明に血道をあげる「反安倍カルト信者」とは対照的だ。今回はその「憐れな層」に共通する「非合理的思考」を、国葬の是非を通じて分析。前回に続いて、「岸信介‐児玉‐極道界」の歴史を振り返り、安倍氏と統一教会が「無関係」であることを合理的に導き出す。
猫組長 2022.07.17
サポートメンバー限定

「ズブズブ」と呼べる宗教は一つだけ

2022年7月16日、安倍晋三元総理が凶弾に斃れてから1週間が過ぎた。

同月12日に安倍元総理の遺体が火葬場に向かう際、沿道には大勢の冥福を祈る人たちがいた。私自身その中の一人だったが、ほとんどの人がきちんとした服を着て真摯に手を合わせていたのである。その姿に、安倍氏がいかに国民に愛されていたのかを改めて知ることになった。

Twitterより

Twitterより

反安倍カルトの教祖が罵倒し、吹聴し続けた「嘘つき」「独裁者」という言葉が、いかに空疎だったかということだ。

その反安倍カルト信者たちは休日の赤坂などでデモを行う。デモの列にいる「着の身着のまま」で「罵詈雑言」を叫ぶ人たちの所作は、沿道で祈る人と正反対だ。本人たちは奇声を上げて気持ちよさそうだが、発生する騒音、渋滞に苛立つ人がほとんどである。

左・農民運動全国連合会 右・吉良よし子氏Twitterより

左・農民運動全国連合会 右・吉良よし子氏Twitterより

「デモは表現」と彼らはいうが、敵しか作らない主張に何の意味があるのか――改めて理解不能に陥る私がいたのである。  

同様に理解不能なのが、変わらず統一教会と安倍氏の「陰謀論」究明に血道を上げている「反安倍カルト信者」の人たちの「思考」だ。自民党と統一教会が「ズブズブ」と彼らはいうが、何を基準にして「ズブズブ」と評価しているのかの合理的説明がまったくない。

刺激的な言葉にしか反応できない、カルト信者たちに思考することなど望めない。だが、

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、7557文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
つばさの党事件でも暗躍-窮すれば右翼にも泣きつくれいわ真理教・山本太郎...
サポートメンバー限定
妹は元有名AV女優、経営飲食店の破廉恥ショー&爆音異臭騒動、ジョイント...
サポートメンバー限定
4月28日補選分析 日本保守党・飯山あかり氏が想定超えの大善戦だったと...
サポートメンバー限定
添田詩織に対する損害賠償請求事件の訴状を公開
サポートメンバー限定
現職自民党町議が元反社を使って私の「添田詩織シリーズ」執筆に圧力をかけ...
サポートメンバー限定
【緊急告知】添田詩織陣営が工作員に切り取り作戦指令が出された「猫組長チ...
サポートメンバー限定
添田詩織が元ヤクザの選挙協力を「事実無根」と断言、私への名誉毀損を止め...
サポートメンバー限定
「元ヤクザ」に選挙協力を依頼し議員になった添田詩織せんせーに「気持ち悪...