「猫組長POST」投資講座その2
企業情報「黒い取引現場」のヤバすぎる実態を暴露する

岸田文雄総理が「貯蓄から投資」をぶち上げたが、私は、この政策自体に強い疑義を持っている。そもそも総理は「投資」を理解しているのかも疑問だ。実に計1000兆円ともいわれる日本人の「貯蓄」が、総理の甘言によって「投資」に振り分けられようとしているのだ。そこで今回は「おカネ」と「投資」について解説しよう。
猫組長 2022.06.19
サポートメンバー限定

「クレジット」の「意味の意味」

前回の『「猫組長POST」投資講座その1 「常識」さえ知っていれば誰でも儲かる「戦時の資産防衛術」を教えよう」では、ウクライナ侵攻以降、世界の「戦時」が変わらないこと。「戦時の資産防衛」に有効なのは「常識」であることを解説した。基軸通貨「ドル」と米軍という世界最強の「暴力」を共依存させていることを、私の体験に基づいて定義した。

そこで今回は「投資」の中でも重要な「独自情報」入手のリアルを明らかにする

2022年5月5日、イギリスのロンドンにある金融の聖地「シティ・オブ・ロンドン」を訪れた岸田文雄総理は、「我が国の個人の金融資産は2000兆円、その半分以上が預金・現金で保有されている」として、日本が「貯蓄から投資」へと切り替えるとした。そこで岸田総理は、

「Invest in Kishida(岸田に投資を)」

と訴えている。

(「岸田文雄公式サイト」より)

(「岸田文雄公式サイト」より)

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、6672文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
ドナルド・トランプ暗殺未遂 一発の銃弾が起こした「暴力の世界再編」
サポートメンバー限定
「ソヴィエト蓮舫崩壊」が示す「安倍元総理の悲願」を軸にした政界再編の可...
サポートメンバー限定
日本にとって都知事選よりイラン大統領選が重要なこれだけの理由
サポートメンバー限定
「都民セカンド」VS「都民ファシスト」の都知事選が示す政界の近未来
サポートメンバー限定
【元国際指名手配犯が解説】上川・岸田が「靖国陵辱中国人」をわざと逃がし...
サポートメンバー限定
小池百合子、蓮舫、今井絵理子が実証した「政治とはバカを騙すゲーム」
サポートメンバー限定
独自入手 ミスチル事務所のイノセントとはほど遠い「ウラ帳簿と不正蓄財ス...
サポートメンバー限定
つばさの党事件でも暗躍-窮すれば右翼にも泣きつくれいわ真理教・山本太郎...