「法的措置砲」連射&「サル発言」で更迭 自称・憲法学者 小西洋之「迷惑系議員王」になるためのワンピース

「麻布食品」で「法的措置砲」を連射。「超一級品の行政文書」とした「バッタ文書」に固執し、予算を自動通過させることに成功。公権力を使って言論を萎縮させ、メディアに圧力をかける。この数日で何度タイトルを書き換えたことか…憲法学者を自称する小西氏が迷惑系議員王になるためにノドから手が出るほど欲しいワンピースとは――。
猫組長 2023.04.02
サポートメンバー限定

前回の『12年で渋谷区を支配 LGBT「ステルス型情報暴力」の恐怖と脅威』では「新興の情報暴力」によって支配された渋谷区について分析。LGBTの家族化を認めることが生命の工業的生産による生命倫理の破壊。さらに新たなマクロ差別を生む危険性について解説した。

本来であればSVB銀行破綻を例に、情報暴力とマネーの関係に踏み込む予定だった。だが、あの迷惑系議員集団・立憲民主党のエース迷惑系議員・小西洋行氏が、「麻布食品」とTweetした人に対して、得意な法的措置砲を発射

早速「麻布食品」と私がTweetしたところ、ビートきよしさんまで参戦してくれた

Twitter

Twitter

さらに小西氏は刑事告発を明言。国会を空転させ、警察を使うなど血税を垂れ流したばかりか、公権力を使って合法的に市民の言論を圧迫させ大風呂敷を際限なく広げたのだった。

本連載の準レギュラーの失笑大劇場は書かざるをえない。

恥を知らない小西氏に「恥」を求めても無駄だ。恥じるべきは小西氏を国政に送り込むために1票を投じた千葉県選挙区の有権者である。

そこで「麻布食品」の構造と、「法的措置砲」を使った恫喝問題の本質。裁判所が激怒した「法的措置砲」についてを解説。

故アントニオ猪木のモノマネで一世を風靡した故・春一番を彷彿させる表情で「バッタ文書」を使い、高市氏を辞任に追い込むも失敗。逆に国会を空転させることに成功した。憲法学者を自称しながら、「サル発言」で参院憲法審査会筆頭幹事を更迭される――季節の変わり目になると街でみかける異様な人のごとくに、暴れつくしている小西氏の狼藉を列挙。「迷惑議員王」になるための「ワンピース」を明らかにする。

「麻布食品」をきっかけに異常言動が多発

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3954文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

誰でも
ドナルド・トランプ暗殺未遂 一発の銃弾が起こした「暴力の世界再編」
サポートメンバー限定
「ソヴィエト蓮舫崩壊」が示す「安倍元総理の悲願」を軸にした政界再編の可...
サポートメンバー限定
日本にとって都知事選よりイラン大統領選が重要なこれだけの理由
サポートメンバー限定
「都民セカンド」VS「都民ファシスト」の都知事選が示す政界の近未来
サポートメンバー限定
【元国際指名手配犯が解説】上川・岸田が「靖国陵辱中国人」をわざと逃がし...
サポートメンバー限定
小池百合子、蓮舫、今井絵理子が実証した「政治とはバカを騙すゲーム」
サポートメンバー限定
独自入手 ミスチル事務所のイノセントとはほど遠い「ウラ帳簿と不正蓄財ス...
サポートメンバー限定
つばさの党事件でも暗躍-窮すれば右翼にも泣きつくれいわ真理教・山本太郎...