憎悪と陰謀論で死を冒涜する反安倍カルト信者
「関東極道史が証明する安倍元総理と統一教会の無意味な関係」

犯行動機の稚拙さが明らかになり、反安倍カルトの信者は「統一教会」と「安倍氏」の関係を妄信。凶行の責任が安倍氏にあるかのような主張をはじめた。その陰謀論を反安倍カルトの教祖が煽っているのだから、死者への冒涜だ。統一教会と自民党の関係を解く鍵は、戦後の暴力団史にある。
猫組長 2022.07.13
サポートメンバー限定

Twitterに沸く反安倍カルト信者

2022年7月12日、東京港区の増上寺で安倍元総理の葬儀が行われた。改めてだが心より故人の冥福を祈ります。日本には「死んだら仏」という文化があるが、許しがたいのが「仏」に対してツバを吐きかけるような行為だ。ご遺体が運び込まれるその瞬間まで、執拗にカメラで撮り続けるメディアの姿勢は病気としか診断できない。

さらに輪をかけて正常な人間かどうかを疑うのが反安倍カルト信者たちの「陰謀論」だ。

首相官邸HPより

首相官邸HPより

「統一教会との関係」という「陰謀論」を全面展開し、暴力によって民主主義が攻撃された「罪」を、安倍氏に押しつけようとしているのだから死者への冒涜である。断言してもいいが、安倍氏と統一教会の間に有意性のある関係はない

というのは自民党と統一教会が関係を結ぶ背景には、関東暴力団と政治の歴史があるからだ。キーになる人物が児玉誉士夫氏、笹川良一氏、そして岸信介氏だ。だが、自民党は利権政党から政策正当へと生まれ変わり、こうしたことは安倍元総理の世代では分断されている

「陰謀論」に対抗するために細かく書いてみたが、想像以上の長さになった。そこで今回と次回で、これらのことを整理していく。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、6478文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
「都民セカンド」VS「都民ファシスト」の都知事選が示す政界の近未来
サポートメンバー限定
【元国際指名手配犯が解説】上川・岸田が「靖国陵辱中国人」をわざと逃がし...
サポートメンバー限定
小池百合子、蓮舫、今井絵理子が実証した「政治とはバカを騙すゲーム」
サポートメンバー限定
独自入手 ミスチル事務所のイノセントとはほど遠い「ウラ帳簿と不正蓄財ス...
サポートメンバー限定
つばさの党事件でも暗躍-窮すれば右翼にも泣きつくれいわ真理教・山本太郎...
サポートメンバー限定
妹は元有名AV女優、経営飲食店の破廉恥ショー&爆音異臭騒動、ジョイント...
サポートメンバー限定
4月28日補選分析 日本保守党・飯山あかり氏が想定超えの大善戦だったと...
サポートメンバー限定
添田詩織に対する損害賠償請求事件の訴状を公開