月末特別配信 2022年12月総合版
暇空茜さんVS亜種暴力団のフェミバトルを地下社会的視点から解析

2022年12月は、なぜかメディアが報じようとしない仁藤夢乃氏と率いるColaboが、暇空茜さんを訴えた一件について書いている。行政に深く食い込みマネタイズをしながら、「名誉毀損」という合法的暴力によって押さえ込む――既存の「暴力団」とは違う、「亜種暴力団」とでも呼ぶべき実態を元暴力団員の私が考察した。
猫組長 2022.12.31
読者限定

二次絵ハンターとシャブ中の相似点

2022年は、この10年間に生まれたイノベーションが「伝統・歴史」から精査される年である。その典型例が「暗号資産」である。FTX破綻から暴落を辿り、暗号資産信者の象徴もいえるFTXのCEOは詐欺罪で起訴されることになった。

暴落で資産を溶かしたのが「意識だけが高い無能」層である。この「高意識無能層」は自分でモノを考えることができない。暗号資産、SDGs、再エネ、フェミ、LGBTQ+などなど現代の「カルト」にハマる動機も、「ハリウッドセレブがインスタで賛同した」などという陳腐な理由がほとんどだ。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、4039文字あります。
  • 亜種暴力団から民主主義を守る市民の戦い
  • 「FTX破綻と暴落」が示すのは暗号資産の「健全化」である
  • 暗号資産で財を溶かした「高意識情弱層」は最高の反面教師
  • 防衛費増税で浮上したジェンダー活動家が消費税を受け入れるワケ
  • 投機材としての「暗号資産」は2019年に死んでいた
  • 「愚策の女帝」による「太陽光パネル義務化」の失敗確率
  • 暴力団亜種VS暇空茜さんのフェミバトルを地下社会的視点から考察する
  • 暇空茜さんが戦う相手を「亜種暴力団」と評価したさらなる理由
  • 過去の「総合版」

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
岸田「移民政策」の裏にある「自民とカネ」のただれた関係
サポートメンバー限定
哀しきヒットマン捜査の先に当局が見据える大物組長逮捕と分裂解消
サポートメンバー限定
哀しきヒットマン逮捕で浮上した六代目山口組の分裂解消への道筋
サポートメンバー限定
米国に資産没収された私が導き出す2025年の「もしトラ」
サポートメンバー限定
松本人志レイプパーティー事件「被害者・A子さん」の実名と素顔
サポートメンバー限定
松本人志、文春を提訴で見えた「弁護士コメンテーター」の劣悪ぶりと、今後...
サポートメンバー限定
松本人志レイプパーティー問題で吉本の内部肉声を独占入手「松本アウト~」...
サポートメンバー限定
松本人志レイプパーティー報道被害者「A子さん」の素性から導き出す「文春...