つばさの党事件でも暗躍-窮すれば右翼にも泣きつくれいわ真理教・山本太郎尊師のコウモリ素顔

地方政治に「ネオ反社」が食い込む一方、国政選挙では「迷惑系ニューチンピラ」が暴れ逮捕されることとなった。その顔を見ただけで「仕事ができない」「友だちゼロ」と確信したくなる「つばさの党」黒川、根元は、なぜ「迷惑系」にたどり着いたのか――その背景にあるのがSNSと保守言論だと私は考えている。今回も暗躍したとされる山本尊師の素顔を明かしつつ解説しよう。
猫組長 2024.05.21
サポートメンバー限定

これだけ暴露されても選挙の勝算はある

私の「X」をご覧の皆さんはご存じだと思うが、知友を訪ねて金沢を訪れた。姿勢を固定しながら運転するバイクは、なさがら天井画を描くミケランジェロのごとしだ。この不完全な乗り物を使った旅は異質で、滞在地の風景が違ったものになる。

案内してくれた知友に心から感謝している。豊かな金沢の地を回って地方経済、行政、政治、そして暴力との関係の「今」を知ることができた。各々の光源が結ぶ先にあるのが「ネオ反社」である。

早速、散見できたのが、妹の話は関係ないという信者による反論ポストである。そのロジックが成立するならDJの過去も、父親が警察官であることも関係ない。秒単位で論破可能な稚拙な意見にため息を漏らしてしまう方も多かったのではないか。

だがこの「どうでも意見を、どうでもよくない意見だと思い込んでいる層」こそが、地方行政に食い込む「ネオ反社」が、自信の信者として狙う「層」である。繰り返すが①地方在住、②知性、経済とも豊かとは言い難い、③社会性に乏しく極めて童貞力が高いという3つの特長を持っている。

その添田センセーは2024年9月の泉南市議選に向けて活動中だ。もちろん勝算は充分にある。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、7058文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
「都民セカンド」VS「都民ファシスト」の都知事選が示す政界の近未来
サポートメンバー限定
【元国際指名手配犯が解説】上川・岸田が「靖国陵辱中国人」をわざと逃がし...
サポートメンバー限定
小池百合子、蓮舫、今井絵理子が実証した「政治とはバカを騙すゲーム」
サポートメンバー限定
独自入手 ミスチル事務所のイノセントとはほど遠い「ウラ帳簿と不正蓄財ス...
サポートメンバー限定
妹は元有名AV女優、経営飲食店の破廉恥ショー&爆音異臭騒動、ジョイント...
サポートメンバー限定
4月28日補選分析 日本保守党・飯山あかり氏が想定超えの大善戦だったと...
サポートメンバー限定
添田詩織に対する損害賠償請求事件の訴状を公開
サポートメンバー限定
現職自民党町議が元反社を使って私の「添田詩織シリーズ」執筆に圧力をかけ...