読者限定特別配信 世界の情報機関が注目「プーチン論文」の衝撃中身

西側の軍事研究機関や情報機関は「ウクライナ侵攻」を決断したプーチン氏のイデオロギーの分析に血道を上げている。そこで2021年7月12日にロシア大統領府HPで公開した、一本の論文が注目されているのだ。有料読者が急増していることを記念して、翻訳全文を公開する。
猫組長 2022.05.22
読者限定

おかげさまで月600円で週2~3本を配信する有料読者の皆さんが急増中だ。この「theLetter」内でも初といえるほどの勢いだと聞いた。それを記念してプーチン氏の「ウクライナ観」がわかる、その貴重な資料を読者限定で翻訳全文を公開する。

このシステムを利用するにあたって、私は雑誌などの連載ではできないことに挑んでいる。例えば「図版」がその試みの一つだ。ウクライナ侵攻においては、地名や地理を視覚化することに努めている。

例えば2022年5月17日には、南東部マリウポリの「アゾフスタリ製鉄所」が陥落した。この「戦争の象徴」を攻略したことで、ロシア軍の戦況が有利になのるかは疑問だ。同日にはウクライナの隣国、ベラルーシが国境線沿いに特殊部隊を配備したことが明らかになった。ウクライナ軍の戦力を分散させる狙いだ(下図「2022年5月17日の戦況」を参照)。

©猫組長POST

©猫組長POST

すでに「有料版」の読者の皆さんにはお伝えしたが、前回の『プーチンの野望が「ソ連」どころか「帝国」復活であるこれだけの根拠』では、オリジナルの図版を使って「核隷属ドミノ」が起こっている現実を解説(下図参照)。ウクライナ侵攻に至るプーチン政権の内因について詳説した。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、17988文字あります。

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
【緊急告知】添田詩織陣営が工作員に切り取り作戦指令が出された「猫組長チ...
サポートメンバー限定
添田詩織が元ヤクザの選挙協力を「事実無根」と断言、私への名誉毀損を止め...
サポートメンバー限定
「元ヤクザ」に選挙協力を依頼し議員になった添田詩織せんせーに「気持ち悪...
サポートメンバー限定
裏金問題で安倍派幹部に離党勧告 岸田政権の「失策」と「嘘」
サポートメンバー限定
英国の研究データが示した「国益型移民」と「不利益型移民」の素性
サポートメンバー限定
移民・難民は本当に得か損か 自称・クルド人難民問題を社会コストから徹底...
サポートメンバー限定
衆院2補選で与野党総崩れで日本保守党の躍進か 飯山陽氏と無策の女王・...
サポートメンバー限定
岸田「移民政策」の裏にある「自民とカネ」のただれた関係