再エネカルト信者が知らない「エネルギーの質」とは

前回は「朝日川柳問題」を分析した。この種のカルト機関紙批判に固執することは、親安倍カルトに陥る危険性がある。そこで今回から徐々に本来の「猫組長POST」へと軌道修正していこう。扱うのはエネルギーについてである。
猫組長 2022.07.24
サポートメンバー限定

川柳問題が示す朝日の将来

前回は安倍元総理の死を平然と陵辱する「朝日新聞」の異様性の背後にある、「赤い老害」の機関紙と化している販売実態について解説した。

この種のカルト機関紙批判に固執することは、逆側のカルトに陥る危険性がある。「猫組長POST」は国際政治・国際金融・国際暴力を中心に、合理的に解説している。暴力とは「安全保障」に他ならない。ここに特化して合理的に国益を追求した政治家が安倍元総理というのが私の認識だ。

首相官邸HPより

首相官邸HPより

「安倍晋三」というリーダーを喪失した今、皆さん自身が安倍氏がやろうとしていたことを理解しなければならなくなったということだ。そのことは供養であるばかりか、激動の時代にあっても日本が成長する最適解といえるだろう。

「猫組長POST」も従来のトピックを増やして行く予定である。

今回は前回に続いて「朝日新聞問題」を取り上げ、新たに起こりつつある「山上」をアイコンとしたカルトビジネスが起こる可能性を導き出す。そして「エネルギーの質」の問題。さらに回を進めて「再生可能エネルギー」という「カルト」について解説していきたい。

というのは、8月に入ると「エネルギー安全保障」のトピックが増えると予想しているからだ。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3625文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
「都民セカンド」VS「都民ファシスト」の都知事選が示す政界の近未来
サポートメンバー限定
【元国際指名手配犯が解説】上川・岸田が「靖国陵辱中国人」をわざと逃がし...
サポートメンバー限定
小池百合子、蓮舫、今井絵理子が実証した「政治とはバカを騙すゲーム」
サポートメンバー限定
独自入手 ミスチル事務所のイノセントとはほど遠い「ウラ帳簿と不正蓄財ス...
サポートメンバー限定
つばさの党事件でも暗躍-窮すれば右翼にも泣きつくれいわ真理教・山本太郎...
サポートメンバー限定
妹は元有名AV女優、経営飲食店の破廉恥ショー&爆音異臭騒動、ジョイント...
サポートメンバー限定
4月28日補選分析 日本保守党・飯山あかり氏が想定超えの大善戦だったと...
サポートメンバー限定
添田詩織に対する損害賠償請求事件の訴状を公開