公金チュウチュウ化必至「LGBT」を法制化した稲田朋美「無能」の原点

往時は「自民党初の女性総裁」と期待されながら凋落の一途を辿り、最後にLGBTにすがった稲田朋美氏。安倍元総理がプロデュース、ブレーンがディレクターとして作り上げられた「タカ派のアイドル」の正体は「やる気だけはある無能」だった。「ゴリ押し」から転落に向かった原点は、「日報問題」より手前で起こったある事件で本性が露呈したからだという――。
猫組長 2023.06.20
サポートメンバー限定

「最小数のための最大幸福」を実現

前回の『LGBT法案通過――「ラーム・ファーザー」と「ノーアイデア稲田」はこうして接点を持った』ではLGBT法案成立に向けた動きの中で、唯一の「掘り出し物」であるラーム・エマニュエル駐日大使、イスラエル、そしてLGBT政策に向かった時系列を整理した。

エマニュエル家の来歴から整理しても、ラーム氏がLGBTに固執する理由は見えない。

少なくともアメリカで性的マイノリティ問題は1960年代から顕在化していたのだ。それから60年も経ってBTをくっつけて社会問題化して大騒ぎしているのだ。

このタイムラグの異常性を疑問視しないのかが、私には理解できない。背景にあるのは、もちろんマネーである。60年前は政治資金収集に使えなかった材料が、現在では大いに機能しているのだ。

絶対に本人は口にしないが、ラーム氏にとって「LGBT」は募金箱を満たすための張り紙に書くキャッチに過ぎない。前回整理した結果、私は確信した。

そこで考えなければならないのが、この国外問題を日本の内政にすり替えた張本人の一人、稲田朋美氏についてだ。

かつて安倍元総理は「自民党初の女性総裁」の筆頭候補として考えていた。「突如現れた政治と縁のない主婦弁護士出身の保守系政治家」というストーリーを覚えている人も多いのではないか。

稲田氏のトレードマークであるメガネがダテであるのに似て、このストーリー自体が作られた印象だ。とはいえ当の稲田氏は自民党の保守本流・清和会(現、安倍派)に所属。フリーザ様も驚くほどの速度で容姿のバージョンをアップさせ「タカ派のマドンナ」となっていった

ポスト安倍筆頭候補として扱われていた稲田氏凋落のきっかけは「防衛大臣」への就任だ。稲田氏本人は転換点を「日報問題」によるダメージとしているが、私の聞いた話は少し違う。もっと手前で危機的無能ぶりが露呈し、見限られたからだ。

やる気だけはある無能が「最大多数の最大幸福」を追求した結果、たどり着いたのが「最小数のための最大幸福」を実現するLGBT法だ。

LGBT法が、そう遠くない将来、「文化破壊」と「合法的公金チュウチュウシステム」を作り上げた仁藤夢乃氏と率いるcolaboのような存在、組織を生み出すことは断言したい。この愚策に稲田氏がたどり着いた構造は、稲田氏の転落の黒歴史を明らかにすることで理解できるだろう。

安倍元総理がプロデュース

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3709文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
岸田「移民政策」の裏にある「自民とカネ」のただれた関係
サポートメンバー限定
哀しきヒットマン捜査の先に当局が見据える大物組長逮捕と分裂解消
サポートメンバー限定
哀しきヒットマン逮捕で浮上した六代目山口組の分裂解消への道筋
サポートメンバー限定
米国に資産没収された私が導き出す2025年の「もしトラ」
サポートメンバー限定
松本人志レイプパーティー事件「被害者・A子さん」の実名と素顔
サポートメンバー限定
松本人志、文春を提訴で見えた「弁護士コメンテーター」の劣悪ぶりと、今後...
サポートメンバー限定
松本人志レイプパーティー問題で吉本の内部肉声を独占入手「松本アウト~」...
サポートメンバー限定
松本人志レイプパーティー報道被害者「A子さん」の素性から導き出す「文春...